キリスト教の現世利益は病気治しのように感じます。 福音書を見ると。 でも 宗教カテを見るとキリスト教の現世利益は病気治しでは無い。 イエスと共に人生を歩むとよい人生になる、が

補足

イエスが生きてた頃の現世利益と その後の現世利益では 種類が違うことがわかります。

宗教60閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(2件)

いいえ。 相変わらず苦難や困難はあります。 バラ色の人生を聖書は約束してません。 むしろ苦難があると教えます。 しかし、罪許され、神との平和があり、神の子供とされている平安があるので、また、絶対に見捨てず、見離さないと約束されるキリストと歩む人生は困難の中にあっても力強く、前進していけるのです。

現世利益…だけに焦点を置くから解らなくなるんです。 基本的に「病の癒し」は枝葉の箏で、「幹や根」に至って無いんです。 キリスト教の考えで、全ての「悪い」事は、人の罪に起因する…と考えてるから、「現世利益」は、「罪が赦される」事になる… 「罪が赦される」事で、「問題の解決」「病の癒し」…等の事の体験が可能とされてるんです。 そして、此の「罪の赦し」は、後に来る世でも生かされます。