回答受付が終了しました

ID非公開

2023/11/28 2:07

66回答

私は外国語が好きで、大学は外国語学部に行きたいのですが、何語を専攻するか迷っています。どうせ勉強するなら全力で勉強して、その国に留学に行きたいです。候補はポルトガル、フランス、スペインです。

1人が共感しています

回答(6件)

オーストラリアに住んで20年ほどです。そこからちょいちょい海外移住に関して浅く興味を持っています。 1.この3つの言語に難易度の差はありますか? おそらく一番難しいのはフランス語。その次にスペイン語とポルトガル語が同じくらい。理由はスペイン語の母音が少ないから。 2.ヨーロッパの治安は悪いですか? 悪いのは人口の多い大都市。順に言うとパリ、マドリー、バロセロナ、リヨンにマルセイユあたりかな。その次がリスボンかな…。正確なことは調べてください。 移民達は基本、同じ言葉を喋る同族の人を求めて大都市に集まる傾向にあります。東京周辺にインドや中国・韓国あるいはクルド人などのコミュニティがあるのと同じ理由。 愛知県や群馬県の工場地域に移民が集まってることもあるけど、たいていは人口の多い大都市ほど移民による治安が悪いかと。 地方都市はその分治安はいいです。けど、もしかしたらその分アジア人への差別的なことを経験することはあるかも。(個人的にはポルトガルにはそういう印象がないです。2カ月程度の旅行なんで、その程度の意見ですけど。) 3.日本人の口に合う食べ物が多いのはどこでしょうか。 個人の主観による。 4.留学はどこが1番楽しそうですか? 楽しいのは人口が多い大都市。その分家賃も高い。同時に留学が楽しいという人はそこまで勉強していない。もちろん勉強していないから移住できないとは一概には言えない。なぜなら結局のところこの3か国に限らずたいてい移住している日本人の過半数は結婚だと思うから。そして離婚する割合も4割くらいってことは理解しておいたほうがいいです。 5.移住するならどこがおすすめですか 4番とは違って自力でビザが取得できるところ。まずはそれを一番に調べること。ポルトガルはハーフミリオンくらいの投資物件を買えば数年のビザがもらえるという話を聞いたことがあります。ちなみにオランダなんかは江戸時代の名残で日本人にとってビザの取りやすい国だとも。 日本に生まれて日本で育つとビザというものを意識する人はほとんどいません。海外旅行でもビザが必要な国に行く日本人は少数派だし、観光ビザは比較的取得しやすいです。 海外に行って長く滞在しようと思うとビザというものが必要になります。とにかくビザの取得さえ解決できれば、永住ビザ的なものを取得すれば、その中で好きなところに住めばいいのです。 他の方が書いたように、寿司職人やら和食料理店などからビザを申請する人もいます。何せカリフォルニアロールがUSでは流行るくらいですし、ラーメン一杯2000円取れることもあります。 日本で評価されるものがそのまま100%海外で評価されるとは限りません。その分、多少邪道なことでもお金儲けにつながるのが海外だったりしますよね。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

私、昔外国語好きで勉強していたけれど、将来本気で外国で働いて生きていこうと思うなら外国語学部はやめた方がいいかも。 自分自身がそれについて悩んだから。通訳、翻訳関係に行くって今から決めてるならそれでもいいですが、言語っていうのは単なるツールだからそれを使って何したいかを考えないとダメ。 言葉だけできますって人はどこの国も仕事ないです。特にヨーロッパなんかは、そもそも自国民の失業率がめちゃくちゃ高いから外国人はまずよっぽどでない限りビザがおりません。(その国の人と国際結婚するとか、何か特別な技能を持っている人) 今まで自分の知り合いでヨーロッパ圏に留学した人で、そのままヨーロッパで就職して働きましたって人を一人も聞いたことないくらい厳しいです。まだアメリカの方がいるので可能かも。 ヨーロッパって、まず自国民、そして次にEU圏で文化が似てて言葉も話せる人を取ります。それ以外の人は一番優先順位が低いです。 どうしてもその国で働きたくて、寿司職人になった人がいますが、言葉できるとかよりそういう方が求められるんだと思う。ラーメン屋さんとか美容師とか。そっち関連の人はたまにいらっしゃる。ただ語学だけってのは留学まででいいや!て思うのならアリですが、それ以上ならちょっと考えた方がいいです。

移住したいならやはりIT専攻ですね。 ビザは語学よりはるかに大事なので。 外国語学科で留学する権利を勝ち取るのはなかなか難しいです、学科にいるネイティブがもし応募したら無理ゲーです。 1:発音はフランス語が1番難しい、個人的に文法も1番難しいと思う。 2:西ヨーロッパに限定して話すと日本よりは悪いが場所による。特にスリが多い、あとはやはり移民の貧困問題からくる犯罪。 ほんとに悪いところは北斗の拳を想像してもらえばいい、もちろん現地の人ですら絶対にいかない。 行かなければいいだけ。例えばスイス何かも外国人移民の貧困問題で昔よりも治安が悪くなっている。 3:日本人の口に合うかと言うよりもあなたの口に合うかどうか。個人的にはスペイン料理が1番日本人には合うと思う 4:どれも魅力的ですが楽しむだけならスペイン選びますかね。学ぶならフランス 5:ポルトガル→フランス→スペインの順番で労働ビザを取りやすい、なんならポルトガルはノマドビザがある

1.この3つの言語に難易度の差はありますか? 3か国語共に日本語と程遠く、3か国語の共通点はラテン語です。 よって難易度はどちらも似てます。 特に日本語は「発音域」が狭いので、苦労するのは同じです。 2.ヨーロッパの治安は悪いですか? 現在の状況を考えると、ヨーロッパ=EUのようです。 EUのパスポートを持っていれば加盟国への移動、勉強、仕事に制限が無いです。 と同時に陸続きなので貧困国から多くの方が移動して、そして難民を受け入れることで現地の住民(特に若者)の反対運動や暴動が頻繁に起きてます。 最近では難民問題が深刻です。 3.日本人の口に合う食べ物が多いのはどこでしょうか。 日本人って凄く漠然とした質問だと思います。 もし日本人は白ご飯に生卵のイメージであれば答えはどこも無理ですね。 日本食は極端に薄口と思ったらいい。 「健康志向」という言い方は塩分が少な目(漬物や梅干し以外)、 生で食べる魚もやはり外国からしたら驚きの連続でした。 日本にある外国料理のお店は日本人にある程度合うように味を調整してます。 ガチの味付けだったら正直日本人は殆ど食べられない。 質問者が濃い味が好きであればどこへ行っても似たような物だと思います。 一番勘違いされやすいのはフランス料理です。 日本はフランス料理=コース料理の高級なイメージが強いが、実は家庭料理はあっさりした物が中心。 質問者が実際に日本にあるスペイン料理、ポルトガル料理、フランス家庭料理のお店で食べてみて実感するしかないです。 4.留学はどこが1番楽しそうですか? 留学はどこへ行っても楽しいと思いますよ。 本人次第ですから。 例えばアメリカ留学でも、ニューヨークで過ごすのとサンフランシスコで過ごすのと全然違います、刺激も違います。 語学以外にプラスアルファを追加すれば楽しみが倍になります。 フランスもスペインもメジャーな観光大国です。 ポルトガルも見どころあるが、上記のの2か国には完全に負けます。 5.移住するならどこがおすすめですか 先にも書きましたがEU圏内なので、1か国を起点に他の国へ行けます。 生活が安いのは断然ポルトガル。 その変わりポルトガルは全く活気が無い。 フランスは若者の失業率が社会問題。そして最近年金の受給年齢引き上げが決まったばかり。 スペインもそのうちフランスのようにおかしくなります。 最近カタリューシャ地方がスペインからの独立運動を図りました。 もし移住先がヨーロッパ以外でいいのであれば中国みたいな国はこれから可能性が高いと思います。 質問者が世界のニュースに関心を持ち、いろんな方と知り合って、現地へ足を運んだりして判断したらいいと思います。

1、フランス語→スペイン、ポルトガル語はほぼ同じ 2、富裕層が住む地域以外特に移民が住むエリアは最悪でフランスの人種差別(特にアジア人に対して)は強烈 3、個人的にはスペイン、ポルトガルが美味しかったです。 4、潤沢な留学資金があるならフランス→スペイン→ポルトガル 5、貴方はユーロ圏での就労VISA取得要件をしっかり理解すべきです。 理系修士以上の優秀な人材なら引くて数多ですが、言葉が出来るだけの凡人は多額の投資でもしない限り簡単に移住など出来ません。