回答(5件)

眼鏡はフレームとレンズで構成されています。つまりざっくり言えばフレーム代+レンズ代=眼鏡の価格です。 フレーム代が高い場合は耐久性がある、素材やデザインが良いと考えられます。 レンズ代が高い場合は薄型レンズであったり、コーティングが良い、見え方が快適であるといったことがあります。 ですから、2万円の眼鏡の方がより高品質な可能性は高くなると思います。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

物にもよります 自社製品で製造しているか仕入れているか?ブランド品か?デザイナー料や版権料で上乗せ 日本製か海外製か パーツの耐久性・素材の違いもあります チタンメガネでもオールチタンは値段が高い代わりに金属アレルギーの方でも比較的着けやすいメガネ βチタンはチタンと別の金属を混ぜる事により強度を上げて値段を下げれる代わりに金属アレルギーになる可能性があります 細かいフィッティングが可能 安いメガネになるとデザインによっては調整不可

物にもよりますが、ブランドによるデザイン性・使っている素材・耐久度等です 上の部分にこだわりが無ければ、フレームを安くレンズを高くするという選択もありますね?