回答受付が終了しました

ID非公開

2023/11/28 23:43

77回答

石油ファンヒーターをずっと使ってましたが、灯油は高いし買いに行くのがかなり手間です。エアコンの暖房はあまり好きでないし、それ以外なら長細いカーボンヒーターを使っています。

回答(7件)

あまり好きでは無いの理由が分かりませんが、何となくであるならエアコンが一番よいと思います。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ファンヒーターとその他のストーブは暖め方が違うので単純な比較は無理があるかと。 ファンヒーターは内部に取り込んだ空気を暖めて放出する方式で、主に空気を直接暖めます。 部屋全体に行き渡るのが早いので短時間で気温が上がるので、素早く暖を取りたい時に適しています。 反面、温風の届かない場所は暖まらないので、場所による温度差が大きくなります。 カーボンヒーターなど温風を吹き出さないタイプのストーブでは、空気を暖めるというより赤外線を放出して赤外線が当たる場所を暖めます。オイルヒーターもこのタイプ。 イメージとしてはストーブから発せられた赤外線の光(肉眼では見えない)が当たると、そこにいる人や物さらに壁や天井などが暖まる感じです。 暖かさを感じるまで時間がかかるけど、部屋全体を満遍なく暖めるので場所による温度差が少なく長時間の暖房に向いています。 ファンヒーターも器具温度が上がった分は赤外線出てるけど、赤外線ストーブに比べたらごくわずかなのでその効果はあまり期待できないです。 セラミックヒーターというのは電熱線をセラミック(陶磁器)の被覆で覆ったもので、電熱線によって暖められたセラミックから赤外線が発生します。 ヒーターが露出した赤外線ストーブタイプと、器具の中に仕込んで熱源として使用するファンヒータータイプがあります。 前置きが長くなりましたが、熱源として使用するなら電気より石油やガスの方が圧倒的に安いです。 プロパンガスはけっこう高いので同等程度のコストになるかもしれませんが。 ガスは配管が必要だから設置していなければ使えないけど、可能であればガスをお勧めします。 使うのが1階ならまだいいけど、上階に灯油を持って上がるのはけっこう大変なので(^_^; ガスファンヒーターはタンクが不要な分かなりコンパクトになります。 あるいはガス赤外線ストーブは大量の赤外線を発生するので、ファンヒーターよりは若干遅いけど赤外線ストーブとしては比較的素早く部屋が暖かくなります。 部屋の空気を循環するためのサーキュレーターや扇風機との併用がお勧めです。 電気でしたら素早く暖まるエアコン+赤外線発生効率の良いオイルヒーターの併用が良いと思います。 ある程度暖まったらエアコンを送風モードにして部屋の空気を循環させるのに使います。

昔は灯油も安かったので18L缶が640円程だったのですが今や1800円です。しかも政府の補助金も銃や灯油には入っていないのですよ。だから高いのですね。 ガスファンヒーターは、電気代は掛かっても電球1個ぐらいのものです。他の電気式のものだと、どうしても部屋全体を温める能力は有りません。部屋全体となるとエアコンか、灯油のファンヒーターか、ガスファンヒーターか、石油ストーブか、ガスストーブですね。

石油ファンヒーターくらいのパワーが欲しいのなら、ガスファンヒーターしかありません。 エアコンは消費電力の3倍を超える熱を出せますが、エアコン以外の電気暖房は消費電力分の熱しか出せませんからすごく高く付きます。 ヘアドライヤーで部屋を暖めるようなものですから。

電気屋です。 セラミックヒーター、カーボンヒーターなどという製品は全て中身が電熱線です。 電熱線の外側がセラミックかカーボンか…その違いだけです。 電気ストーブなら石英ガラスの缶の中に電熱線があります。 消費電力が同じなら発熱量は同じです・・・あとは見た目の違いだけです。