ID非公開

2023/11/29 16:21

33回答

永六輔さんが作った「女ひとり」♫京都〜大原三千院 恋に疲れた女がひとり〜 って曲で京都嵐山の歌詞を「あらしやま」と言わず「らんざん」と歌ってました

補足

音読訓読ってだけで、両方正しいと言う事?

日本語157閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ID非公開

質問者2023/12/3 19:44

それが1番近いという印象でした 植物ならば学名と一般的な名称みたいな。。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

BAを選ぶだけの知識が無いままにBAを選ぶことお許しください 間違いが有れば管理部門にご遠慮無くお願い致します

お礼日時:2023/12/3 19:46

その他の回答(2件)

伊藤博文の名前を「ひろぶみ」ではなく「ハクブン」と読むようなものです。 木戸孝允(たかよし/コウイン)とか、えーっと、俄に思い浮かびませんが、たくさんあるでしょう、そういうの。今までそれを「有職読みというのだ」としたり顔で言ってましたが、どうやら間違いらしいです。 あ、井上陽水(あきみ/ヨウスイ)とか。

本当ということはないでしょう。 https://chiebukuro.yahoo.co.jp/search?p=%E5%B5%90%E5%B1%B1%E3%80%80%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%97%E3%82%84%E3%81%BE%E3%80%80%E3%82%89%E3%82%93%E3%81%96%E3%82%93&fr=common-navi 先行質問が幾つかありますが、「あらしやま」読みが一般的であり、また正しいとしている回答がほとんどです。「女ひとり」は語呂の良さ重視で「らんざん」読みなのではないかという意見も複数あります。 ただし、同じページに旅館の「らんざん」の広告が出ることからも分かりますように、絶対に読まない、読んだら殴られるというほどのこともなさそうです。 まあ、京都で言えば清水寺は「しみずでら」ですが、江戸時代には「せいすいじ」と読んだこともあるそうです。また浅草にあっても「浅草寺(せんそうじ)」という例もあります。井上陽水は歌手としては「ようすい」ですが本名は「あきみ」です。理由は色々ありますが、同じ熟語を音読み・訓読み双方で読むこともままある、ということでいかがでしょうか。

ID非公開

質問者2023/12/3 19:42

名称には通り名とか源氏名みたいなものもありますよね その類の名称かを多くの人に受け入れられてしまうばあいも 伊勢神宮をお伊勢さんみたいな言い方を正統とは言わないみたいな