回答受付が終了しました

美人は3日で飽きる、ブスは3日で慣れるという言いまわしの本当の趣旨はなんですか? ブサイクな女性へ対する擁護ですか?

心理学 | 日本語1,046閲覧

2人が共感しています

回答(16件)

内面で判断するのが、賢明だということでしょう。 性格の悪い、或いは内面が合わない美人と 性格の良い、性格の相性の良いブスを を比較していることが前提で、 美人なだけであれば、見た目はすぐ飽きるし、そのあと、長い目でみると苦痛だよってこと。 ブスが原因でやめておこうとするなら、そんなのはすぐ慣れるから、大した問題じゃないよってことです。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

そのとおりだと思います。 私は女性ですが、正直、美人のほうが性格も良いですよ。 イジメをしたり、陰湿なイヤガラセをしたり、陰口が好きなのは大抵は顔立ちの残念な方々です。 今の職場でも、キレイな方達は聡明で優しいです。 でも、キレイで性格も良いとなると、そうでない方は太刀打ち出来ませんので、質問者様の仰る慰めの言い回しが出来たのだと思っています。 美人の奥様を持っている家庭をいくつか知ってますが、総じて家庭円満ですね。

あ、下の方のが納得です。 お見合いがほとんどだった時代に、お相手の写真を見せられてガッカリした表情の男性に対しての慰めの言葉だったのでしょうね。

「大事なのは中身だ」なのですが、「高望みせず、適当な容姿の女性で手を打て」というニュアンスを含んでいます。 昔、お見合いが多い時代によく言われたことです。

外見の美しさだけで、中身がない女性は三日で飽きられてしまう。 美しさだけでは、すぐに魅力が失せてしまう。 容姿が優れなくとも性格や能力は見た目では判断できないので、容姿が醜くともそんな最初の印象はすぐに忘れられてしまう。 人は外見だけではないという趣旨ですね。