ID非公開

2023/11/30 11:29

1010回答

上司から来期に転勤になる可能性があると言われました。 異動命令が出たあとは黙って従うしかありませんが、自分から希望を出せばある程度は赴任先をコントロールできるそうです。

単身赴任、転勤231閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

ID非公開

2023/11/30 13:17

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(9件)

札幌かな 中国で無実の罪で投獄されたくない。 台北は、中国との関係でヤバシ。 クアラルンプールは悪くはないが、亜細亜の国の臭いが勘弁。 国内だと、震災考えたら札幌しかない。

独り身でしたら、クアラルンプールがおすすめです。 円安ですが、まさか給料が減額されることもないし、海外赴任手当もつく、多分住居も会社負担、もしくはいくらかまでは会社負担で残りは自己負担、一番の理由ですが(給料変わらない前提で)「物価が安い」のでお金が残りやすい。 この案件に地理的及び物価が近いところで、クアラルンプール<1/3>、タイのバンコク<1/3>、シンガポール<1/2>という物価感です。<>は日本のという意味です、大まかで今の円安がどれだけ響くの懸念もありますが、それでもクアラルンプールの方が断然安いです。 クアラルンプールに海外赴任していた先輩は、会社がプールつき住居全額負担。クアラルンプールはバンコクに比べると都市てきな魅力が少ないため、移動時間90分「クアラルンプール=シンガポール高速鉄道」で毎週末シンガポールで遊んで買い物して、平日はクアラルンプールで日常を過ごす。それでもお金が半分くらい残る。といってました。 好みによりますが、クアラルンプールにチャイナタウンもあるし、食べ物もそんなに不自由しないと思いますよ。安いですから。 きになって、今GOOGLEで調べたところ 1 MYRマレーシアリンギット 31.7001 JPY なので、私がクアラルンプールに行った時とたいして変わらないです。 私の相場観は、今でも通用すると思います。

他の方も回答されていますが、居住地から近い方が何かと安心だと思います。 ここまで挙がっていませんが、個人的には仙台もお勧めです。 名古屋と同じくらいの距離ですし、高速道・新幹線・空港・地下鉄・バスも整備されています。 市内中心地であれば交通や買い物には全く不自由しない割に、適度に田舎なので東京・名古屋に比べれば混雑も少ない方だと思います。 問題は寒さと雪ですかね。 仙台市も広いので場所にもよりますが、中心地は降雪はあっても積雪は稀です。 一般道の除雪が必要になるのは、年に5回も無いと思います。 ただし凍結やシャーベット状態は多いので、車の運転を考えるならそれがネックになります。 あと、冷え込みはそれなりにあります。 慣れない人は、エアコンだけでは厳しいかもしれません。

今後のキャリア、単身赴任で帰りやすさを考えたら台北ですね。