日本では火葬が一般的な葬法やと思うのですが、地域によっては土葬する所もいまだにあるんですか?

葬儀 | 宗教131閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様方御回答有難うございました

お礼日時:2023/12/3 22:18

その他の回答(6件)

日本の現法律上では土葬も許可されますが、自治体の判断次第なので、埋葬近隣の住民の状況や地下水などの影響を考え、火葬してから埋葬するのが多いというのが実態ですね。 ですから、土葬が有る地域もあります。また一部ですが、亡くなった際には宗教上や土着風習の理由で一度遺体を布でくるんで土葬し、後日掘り出してから火葬する改葬といった、東京都奥多摩の一部地域に有るようなことも行われていますね。 一般的に都道府県の自治体の長の許可が下りれば、自分の敷地内に個人のお墓を作って埋葬しても良いのですが、実際は近隣住民の反対でそれが出来ないことが多いでしょう。

殆どの場合は火葬ですが 離島などの人口が少ない場合で火葬施設作っても利用が少ない場合 主に宗教的理由で火葬出来ない方のための土葬墓地があります イスラム教徒やキリスト教の一部の宗派は火葬出来ないため土葬する必要があります

99.9%は火葬でしょうね。土葬はお腹の中で亡くなってしまった赤ちゃんが殆どらしいです。

基本、特別な場合を除いて火葬です。土葬は、市町村によっては認めていないケースがあり、土葬できる墓地がないと、そもそも土葬は許可されません。 島などの一部地域では、土葬がOKですし、最近、イスラム教徒の方々用の土葬の墓園が新たに出来ている地域もあります。

縄文遺跡から火葬埋葬の出土が増えてきたので、仏教と火葬は無関係であることが証明されました。 縄文人も火葬と土葬などの埋葬を行っていましたが、それはずっと今に続き、その両方の文化があるわけです。 土葬は離島とか、すごい田舎などで行われますが、ほとんどが火葬になっています。皇室にも土葬文化があります。