ID非公開

2023/12/1 2:58

44回答

自分は現在30代前半ですが、20代の頃に親孝行を全く出来ていなかったと今更ながら後悔をしております。 若い人で親と仲良くしていたり、親孝行をしている人を見ると立派だなと感心してしまいます。

画像
補足

20代の頃は親への不満や、いわゆる、毒親と認識をしていた事も有ってか、傷つくような事も口にしてしまっていました。皆、若い頃はそのようなものでしょうか?それとも私が稚拙だったのでしょうか?

シニアライフ、シルバーライフ | 家族関係の悩み81閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ID非公開

質問者2023/12/1 5:57

回答ありがとうございます。 同じ方がいて安心をしました。 自分自身、親も人間で完璧ではないと思える余裕が少し出来たと感じています。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。

お礼日時:2023/12/1 6:30

その他の回答(3件)

毒親だから親孝行したくない時期(20代)と それでも血のつながりがあるから親孝行しなきゃ時期(30代) の間に、一体何があったのか?ってとこですねー。 「親と仲良くしてる20代」を見て、立派だなあそうなりたいなぁと思っただけでしょうか? そうすると、「毒親」という概念を知った20代で嫌悪した過去と繋がって、 もはやミーハーというか、 流されやすいというか。 今後も、 ひろゆきでもメンタリストDAIGOでも、SNSで流れてきた話に載っかっちゃって、ふらふら人生決めて行くんだろうなぁと。 「若い頃は親孝行なんて考えない」という一般的な傾向もあるでしょうけど、もしきっかけがこんな感じだったら「稚拙」でいいと思います。 きっと40代で、「やっぱり親孝行なんて古い考え!バカバカしい」と辞めちゃうんだと思います。

私は毒親に苦しめられてきたので親孝行なんて考えません。 今後については、介護?はぁ??って感じです。 まともな親であれば介護も一所懸命にしていたかもしれません。 親への依存がありそうですね。

ID非公開

質問者2023/12/1 3:06

回答ありがとうございます。 親に毒親と感じていた時期もありましたが、血の繋がりがある家族で良い面もあると、考え直し今は親孝行をしています。依存ですかね?