中世以前の解毒薬とは、どんなものがあったのですか? 毒殺未遂 薬膳料理 .

画像
補足

中世以前とは書きましたけど、ヨーロッパの大航海時代や日本の戦国時代江戸時代なども含めてOKです。 ぜひ回答をお待ちしていますね。

病院、検査 | 化学62閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

やはり薬膳での解毒作用は、意味合いが異なっているのですね、日本の甘草も。 緩やかな解毒作用があるものは数多くしられているのですねお茶なども。 でも即効的な解毒作用があるものは、ほぼなかったようです。 回答に感謝です。

お礼日時:2023/12/7 15:57

その他の回答(2件)

ID非公開

2023/12/3 9:27

砂浴で頭以外は、砂に埋めて解毒します。 人間も土で出来ていますから、有用なの ですが、難点は気温が28°C以上で無ければ ならぬ点です。 体内から瓦斯が抜けて身体も軽くなります。 婦人病や皮膚病、その他。

ID非公開

2023/12/3 14:04

河豚の毒に当たった場合も 有用です。

ひまし油やトコンなどです。催吐剤や下剤の類です。 生物由来の毒の解毒は実際には「不可能」であり、昔の解毒薬なるものは、ほとんどは全く効果がないか、あっても単なる緩和剤で毒消しの効果はありません。現実には、排出して胃を洗浄するぐらいしか方法はありません。

画像