ガンダムの世界ででビームがありますが、現実世界でビームは存在するのですか? 兵器でなくてもよいです。実験的なものでビームと呼ばれる現象などはあるのでしょうか?

補足

やっぱりビームとはレーザーの別名なのですか?

アニメ | 物理学140閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございます。 この回答がとても腑に落ちました。 改めて皆様ありがとうございます。

お礼日時:2023/12/9 0:01

その他の回答(8件)

ビームはスプラッシュとかスラッシュなんかと同じ擬音語ですね。日本語で言う所の「ビューン!」で、ビューンと勢いよく飛んでいくものはみんなビーム。 水たまりに石を落として水が跳ねたらスプラッシュ(びしゃっ!)だけど、筆に水をつけてシュバッと(スラッシュ!)線を描く場合もあるし、水鉄砲のように一方向に勢いよく飛んでいく水だったらビームと言ったりする。同じ水でも状態によって使う擬音は変わる。 「飛んで行き方」を指す言葉なので、何が飛んでいくか、それにどんな攻撃能力があるかは問題外。レーザービームはレーザー光がビューンと勢いよく飛んでいくもの。荷電粒子ビームは荷電粒子がビューンと勢いよく飛んでいく。野球選手のバックホーム球をビームと呼んだりもする。 ビーム!と勢いよく飛んでいくものはみんなビーム。

兵器になりますが、ファイバーレーザー技術によって、ミサイルやドローンを撃墜するレーザー兵器は開発されています。 引用先 「空想の産物」だったレーザー兵器はいかにして現実的な兵器となったのか?

ガンダム世界でのビーム兵器と同じようなものは現状ありません。 特に宇宙世紀ガンダムのビーム兵器は、質量があるのでほぼ不可能です。 ただ、ガンダムに出てきたコロニーレーザーに関しては現実でも同じ原理のものがあります。 あれはただ単にレーザーポインターを巨大化したものですから、現実でも目潰し位には使われていました(現在は道徳的観点から使用不可) 海外の動画で強力なレーザーポインターを使って風船を割るなんてことをしていたりします。

古いテレビはビームを高速で偏向させて画像を表示していました。