ID非公開

2023/12/8 2:05

22回答

「ダイヤモンドは永遠に」は、自分がちょっと見た印象でも、他の方々が書いているコメントでも、出来はあまり良くないようです。

外国映画 | 小説74閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。普通に考えても、また実際にも、溶接してから埋設するはずで、その場合には中に人がいるのに埋設することはあり得ないですね。 内部の点検だと、カメラを使う場合は証明装置も必要なので、それにも当てはまらない。かといってあのような速度とやり方で内部から溶接できるとは考えられない。残念な映画でした。

お礼日時:2023/12/8 23:20

その他の回答(1件)

ID非公開

2023/12/8 15:21

速度が速いので、パイプラインの点検用ロボットでしょ。 https://www.tepco.co.jp/pg/consignment/partners/category-e/09-j.html ショーン・コネリーは、5作で007のボンドを辞めたかった。 それを無理やり拝み倒されて出たのが《007/ダイヤモンドは永遠に》。 S・コネリーは《007は二度死ぬ》の後、もうボンドはやらないと降りちゃった。 次期ボンド候補のR・ムーアはTVシリーズ(セイント)の契約期間内だったため次作《女王陛下の007》のボンドをG・レーゼンビーがやったらコケちゃった。 やっぱりボンドはコネリーちゃんでなきゃ駄目だなと、お願いだからもう1本だけ、コネリーちゃんボンドやって頂戴と拝み倒したのが《007/ダイヤモンドは永遠に》。でもS・コネリーは金持ちに成り太って余り動かなく成っちゃった。 そこで「007/ダイヤモンドは永遠に」は、秘密兵器をド派手にして観客を呼ぼうとしたもんだから機械仕掛けのドタバタ映画に成っちゃった。 予告編:https://www.youtube.com/watch?v=-HfYj_6G2KI

画像
ID非公開

2023/12/8 15:25

もうやらない!と言ったのに、今度はワーナーから、頼む!頼む! と、また拝み倒されて出たのが《ネバーセイ・ネバーアゲイン》。 ワーナーの007だけど、それなりに面白い。 予告編:https://www.youtube.com/watch?v=q5-vjC_4dfg 本作の題名「ネバーセイ・ネバーアゲイン(「次はない」なんて言わないで)」は、コネリーの妻が「もうボンドを演じないなんて言わないで(ネバーセイ・ネバーアゲイン)」と言ったことから採られた。 ただし、ボンド役の再演は一度きりと思って出演したコネリーは、劇中ラストで「再び任務に就いて欲しい」という依頼に「二度とごめんだ!(ネバーアゲイン)」と答え、華麗にウインクを決める事で上手く纏めている。

画像