ここから本文です

全熱交換器と顕熱交換器の違いを教えてください。内部構造の違いが知りたいです。

t_yoshidakougyouさん

2009/8/608:40:11

全熱交換器と顕熱交換器の違いを教えてください。内部構造の違いが知りたいです。

現在食品工場の匂いがきつく、換気を検討しておりますが。工場内部は9℃に保たなくてはいけない為、熱交換が必要になってきます。そこで、全熱・顕熱どちらが適しているのかということと、なぜそうなのか、内部構造の違いから調べたいと思い、質問いたしました。なにとぞ宜しくお願い致します。

閲覧数:
13,619
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

k_h_kyotoさん

2009/8/1311:12:47

ご質問の内容について詳しく解説しているサイトがありましたので、ご紹介します。
(もうご覧になられているかもしれませんが・・・)
全熱交換器について http://hmk-polaris.web.infoseek.co.jp/zisyo_syosai/zennetsu.html
顕熱交換器について http://hmk-polaris.web.infoseek.co.jp/zisyo_syosai/kennetsu.html

(全熱交換器の特徴)
・排気する空気から「熱」と「湿気」を給気する空気に戻す。
・熱交換の効率は一般的に70%。
・排気と給気が全熱交換器の中で混ざることはない。
・紙でできているため、熱と湿気は仕切りを透過するので、熱と湿気が交換される。
・省エネの効果は全熱交換器の方が高い。
・湿気と一緒に匂いも戻す。(匂いを排気しない。)

(顕熱交換器の特徴)
・排気する空気から「熱」だけを給気する空気に戻す。
・熱交換の効率は一般的に70%。
・樹脂など湿気を通さない素材でできているので、湿気は交換されない。
・顕熱交換器は湿気を排出してしまう分、全熱交換器よりも省エネ効果は低い。
・顕熱交換器は湿気だけでなく、匂いも戻さない。

【私の意見】
匂いがひどい場合は、顕熱交換器の方が適していると思います。ただし、顕熱交換器だけでどれだけ臭気を換気してくれるのか事前に確認が必要だと思います。
実際に顕熱交換器付けてみて、匂いの問題が解決されず、結局強制換気と併用することになれば、熱交換器を付けた意味が無くなることもあると思います。
熱交換器を採用し必要な条件を満たす場合と強制換気及び空調設備を強化した場合のそれぞれトータル的なコスト(イニシャル、ランニング)を算出し比較検討される必要があるでしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。