ここから本文です

駐車禁止の違反の質問です。放置車両確認標章という黄色シールをはられると違反で...

kya********さん

2009/8/919:35:25

駐車禁止の違反の質問です。放置車両確認標章という黄色シールをはられると違反です。この文章にこうあります。「放置違反金の納付を命ぜられることあります」 あと「なおこの標章がとりつけられた日から起算し30

日以内にこの車を運転し駐車したものがこの違反について反則金の納付をした場合または公訴を提起され、若しくは家庭裁判所の審判に付された場合はこの限りではありません。」と。初めの文ですが、命ぜられないことってあるのですか。また後の文あまり把握できません。わかりやすくおしえてください。あと違反金いくらでしょう。内容は放置駐車違反(駐車禁止場所等)禁止場所
放置3分間指定終日 車両(緩速車道に限る)と記入

閲覧数:
88,586
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pop********さん

2009/8/1322:33:17

dorachann555さんの回答が正確で分かりやすいですね。
私は解説をさせてもらいます。

確認標章を取り付けられた場合、運転者が不明であれば車の使用者(所有者)に対し違反金の支払いを命じます。
命令がなされない場合とは、運転者が切符を切られてその反則金を振り込んだ時、又は運転者が正式な裁判にかけられた時、若しくは運転者が未成年で、家庭裁判所で少年審判にかけられた時になります。

違反金は、普通車であれば15,000円が正解ですね。

運転者が出頭せず、切符を切られずにいると、放置違反金の支払い命令の前に「弁明通知書」という通知が来ます。これは使用者の責任を問うものですので、特に違反の理由がなければ同封されている納付書で仮納付することが可能です。これで支払わない時には、次に「納付命令書」がやってくるわけです。
命令を無視すると、督促状がやってきて、これにも応じないと車検が拒否されたり、延滞金の発生や財産差押えが来ることになります。

簡単にですが解説まで。。。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「放置車両確認標章」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dor********さん

2009/8/1006:23:59

その黄色のシールに書いてあることをを関西風に訳しますと『この車は駐車違反してたで!ええか?30日以内に運転者が警察で免許点数のかかる通称青切符で反則金払わへんかったら持ち主に放置違反金てペナルティ払わすで~』というものです。

反則金とは運転者が通称青切符の手続きで払う金、放置違反金は持ち主が運転者に責任を取らせることが出来なかったペナルティとして払う金です。

今回の場合金額は標識の駐車違反なので普通車の場合1万5000円になるはずです。運転者として出頭した場合免許点数二点も付加されます。

you********さん

編集あり2009/8/919:47:01

放置違反金は、乗っていた人が、駐車違反の違反金を支払わなかった場合に、請求されるものです。

簡単にいうと、駐車違反をした本人が、駐車違反の違反金を支払えば、放置違反金を命じられることはありません。

駐車違反をしたその時乗っていた人に対して請求されるものが、駐車違反の違反金と罰点。
運転手が支払いを行わなかった場合、その車の所有者に対して、放置違反金というものが請求されるようになります。
放置違反金を拒否し続けた場合、車検などが受けられなくなったり、運転禁止措置が執られたりしていきます。
放置違反金は普通車の場合、1万8千円です。
一応、駐車違反の違反金と金額的には同額です。

両方を支払う必要はありません。
(なお、放置違反金として支払った場合は、免許証の罰点はありません。これは、持ち主がレンタカー会社などの場合、放置違反金の支払い義務がレンタカー会社になるため。そして、レンタカー会社に対して、免許証の罰点を付加できないため等々です。)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる