うみねこのなく頃に(散も)について(ネタバレ)

うみねこのなく頃に(散も)について(ネタバレ) うみねこのなく頃にのことを詳しい人にききます EP3,4、5のいろいろなネタバレを教えてください!! なんでもいいです。本当にこれを聞けばオチが分かっちゃうことでもいいです!! もちろんオチの事でも結構です!! あと右代宮縁寿って敵なんですか? ベアトって死んでしまうのですか?? (ネタバレ反対の人は控えめに)

ゲーム3,249閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

5

ep3は右代宮絵羽と幼少時代の絵羽が中心のお話です。 絵羽の心の奥底に眠っていた幼少時代の絵羽が暴れだして 碑文の謎を解き、エヴァ・ベアトリーチェとなって殺人を起こしていきます。 ep4は右代宮縁寿中心のお話です。 右代宮縁寿は戦人の味方です。 右代宮縁寿の戦人に帰ってきてほしいという願いから エンジェ・ベアトリーチェという魔女が生まれ、六軒島の舞台に立ちます(ベルン卿の駒として。 ep4は見所がたくさんあって原作プレイをお勧めします。 ep5はベアトは生きたまま屍状態となり、ゲームマスターの勤めを果たせなくなり ラムダ卿が新たなゲームマスターとしてゲームを進行していきます。 新たにベルンの駒として、探偵権限をもつ古戸ヱリカが現れます。 ep5は戦人が微妙に魔女側についてヱリカとバトルをします。 ヱリカは、夏妃を犯人として全てのepにおいて人間説が可能だと示し 戦人は反論できずに負けます。 しかし、ベアトへの思い等があって無限の魔術師として復活します。 ep6では戦人がゲームマスターとなってゲームの進行をします。 ちなみにベアトはこの惨劇を楽しんでないし自分に利益はないのに行っています。 6年前の戦人の罪が鍵となります。 説明わかりにくいですよね、すいません。とにかく原作プレイお勧めです!

5人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

EP5では、新キャラとして古戸 エリカというベルンカステルの半身の駒が出てきます。 ベアトが、魂がないただいきているだけという状態になってしまい、ベルンカステルとラムダデルダが好き勝手にゲームを弄繰り回してしまいます。 そこで、バトラがゲームを取り返すためにベルンカステル達に挑みます。 バトラは、ベアトリーチェの碑文の謎を解き次期当主として善戦しますが、結局ベルンカステル達に破れ魔女を否定され、守ろうとしたベアトリーチェを消されてしまいます。 当然今回のゲームで魔女側に回ってしまったバトラも消されます。 しかし、バトラはあきらめずに今回のゲームで得たヒントをもとにEP1,2,3,4のゲームを振り返ります。 そこで、バトラはすべとの謎を解きこのゲームの深奥にたどり着きます。 バトラは、物語の深奥の真実にたどり着いたことにより、黄金の魔女ならず、無限の魔術師という称号を受け継ぎます。 注意、殺人の謎にかんしては詳しくは解答していなく、ただ解いたという描写だけ書かれています。

0

とりあえず、気になるなら原作を買ってください。 正直なところ、原作を読んでもいないのに分かった気になられるのはファンとしてはちょっと嫌です。 wikiなどに載ってるんで、ここに・・・。 http://umineco.info/ ネタバレありの話のあらすじや、特典でついてきた小冊子の内容などなんでも載ってます。

0

そんなに知りたいなら原作買えばいいのに… まあ2chや知恵袋で沸いてる自分の無能さを晒してる思考停止組に比べりゃマシですが。 ・縁寿について ep3の最後に上位戦人はベアト達の罠にかかり、敗北寸前にまで追い詰められます。 しかし謎の女の子の登場により戦人は危機を逃れます。 その女の子こそ戦人の妹であり、ベルンの駒である縁寿。 EP4では未来から六軒島の真実を探るために動き出し、第4のゲーム盤ではグレーテルと名乗り戦人に助言を与えます。 しかし戦人は「明日夢の子では無い」と赤字で宣言され、一方でベアトは戦人に罪を問うが戦人は答えられず、両者とも戦意消失。 そしてep4のラスト辺り(つまりアニメの最後ら辺)、グレーテルがそんな2人に怒り説得するが、戦人は完全にやる気を失い、グレーテルにさえも「お前も魔女だ!いつ裏切るかわからない!」と突き放してしまいます。 そこでうみねこ最大の感動シーンに入るわけです。 ・ベアト消滅 ep5では最初からベアトは人形状態。 完全にやる気を失ってます。 ゲームの方もラムダとベルンに乗っ取られてしまうわけです。 そんなベアトを見かねて、戦人は今までとは変わり、ベアトの心を探る旅に出ます。 一方のゲーム盤ではベルンの新たな駒、古戸ヱリカ、ドラノールなどにより完全に今までやりたい放題だったファンタジー側の主張(魔法描写)がミステリーに封じ込められます。 それによりベアトの魔女幻想が崩れさってしまい、ベアトは消滅しました。