ここから本文です

水中では、何が1番重いのですか? よくスキューバダイビングとか魚釣りのおもりは、鉛...

tet********さん

2009/8/2617:13:48

水中では、何が1番重いのですか?
よくスキューバダイビングとか魚釣りのおもりは、鉛を使うじゃないですか・・・、あれって・・・錆びないだけの理由で使用いてるのでしょうか?
どなたか教えて下さい。

閲覧数:
759
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bar********さん

2009/8/2617:35:06

何が重いのかという点では、同体積のもので素材であれば後は質量が大きいほうが重いです。
これは陸上と変りません。水中の方が浮力が効くので水よりも質量が軽ければ浮き、重いものでも
浮力の分だけ軽くなると言うことです。

(厳密には物理の話になりますので、高校物理の参考書でも読むのが正確です)

さて鉛のお話しですが鉛をシンカーやウェイトとして使うにはいくつか理由があります。
・融点が低く鉄などに比べ低い温度で溶けるので鋳造加工がしやすい。
・柔らかい金属なので変形、または整形しやすい。(釣りで言う板重りやカミツブシはこの性質を利用しています。)
・比較的価格が安い
・鉛ももちろん腐食しますが、鉄などのようにいわゆる赤錆を発生しない(これは質問者様のおっしゃる点でもあります)

しかし鉛は重金属ですので鉛中毒という問題があります。
そこで最近は水中に鉛を残さないように、重りの消費の激しい釣りでは鉄重りやタングステンなどの素材を使うシーンもあります。
特に新素材のタングステンは比重が鉛の倍ほどあり、重りの素材としては注目されています。
しかし加工が難しく製品としての価格も鉛重りの3倍以上とまだまだ課題も多いものです。

今でも市場に鉛重りはありますが、徐々に他の素材の物も普及しだしていますよ。
バス釣り市場では殆どはタングステン素材に置き換わっています。
おそらく国内のその他の釣りよりもこの点ではもっともリードしているでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

brm********さん

編集あり2009/8/2700:50:57

地球上に存在し、一般的にオモリとして使用出来るものではタングステンが一番重いです。比重は金とほぼ同じ19.2。

ちなみに重さに水中も空中も関係ないですよ、比重が全てです。

金よりも遥かに重い金属もありますが、地球上に存在する量が極端に少なかったり、発癌性があったり、放射性元素だったりします。

鉛が使われるのはそれなりに重く、とても安く、加工が非常に楽だからです。軟らかく、簡単に溶けますので。

錆はあんまり関係ない、というか普通に錆びてます。鉄みたいに分かりやすく錆びる金属のがめずらしいので。

sou********さん

2009/8/2621:10:33

さびないで重いものは、金です。地球上で一番重いそうです。


とても高価なものだそうです。

海に沈みたい場合は、金塊をつけると良いでしょう。
使用後は私にください。(笑)

qac********さん

2009/8/2617:36:11

一般的に手に入るオモリではタングステンが一番重い(比重)です。

鉛は融点が低く(ライターの火でも溶ける)固まった後も加工しやすいので一番多く使われるのだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる