ここから本文です

漢民族について

sla********さん

2009/9/217:49:01

漢民族について

書籍「真実の中国4000年史」より抜粋 著者:杉山 徹宗

1 P3
中国は、その4000年の歴史において、強烈な中華意識を持ち続け、常に周辺異民族を見下し、服属・朝貢を強制し、従わぬ者に対しては、容赦なくこれを侵略し、殺戮・略奪を恣にしてきた。絶滅させられた民族は、枚挙にいとまがないほどである。こうした”中華思想”は、漢民族の遺伝子に、いまなお深く刻み込まれている。ところが、こうした漢民族の優越感を大いに傷つけたのが、「日本」という国家であった。

2 P21
●漢民族によって亡ぼされた民族
春秋時代 6
戦国時代 14
前漢時代 7
後漢時代 6
三国時代 1
五胡十六国時代 6
隋時代 2

3 P29
現在の56民族は、皆同一の先祖を持つ兄弟のようなものだとして結束を呼びかけ、同時に少数民族圧迫の口実にしようとしていることは明らかである。だが漢民族以外の国内55民族のうち、この記述をまともに受け止めている者は殆どいない。だが、中国人が黄帝をもって、漢民族の祖先と考えていることは確かである。

4 P92
朝鮮は紀元前1027年に箕子によって支配されて以来、後漢の支配が終わる紀元後313年まで、約1300年間にわたって、漢民族の支配を受け続けた。さらに統一新羅から李氏朝鮮までの1200年間は、中国の冊封体制の中に入って、緩い支配を受け続けてきたと言ってよい。

5 P118
華僑のように海外にいる中国人の場合は、相互扶助の必要から、どこの国でも必ず秘密結社を持っている。日本に中国人秘密航者を送り込んで来る「蛇頭」などは、犯罪の秘密結社である。

6 P154
アジア人たちが、日本はアジアに位置するモンゴル系黄色人種の国であり、しかも長い間中国の冊封体制の中にいた東夷で、漢字文化圏の国家であったはずだという認識が、日本という国を見誤る最大の原因である。

7 P198
サムライ軍団は重装備の鎧兜であるからモンゴル兵の矢が刺さっても、半月刀で切られても軽微の傷のため、意に介さず、みるみる大陸軍目前に迫るや日本刀で斬り付け、薙ぎ倒した。モンゴル兵が驚いたのは、たとえ軽装備とはいえモンゴル騎兵の鎧兜が、敵の日本刀の一振りで簡単に切られるだけでなく、それこそ西瓜やカボチャを切るごとく、モンゴル兵が真二つに断ち斬られてしまう切れ味であった。

Q どのように思いますか?

閲覧数:
1,690
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

imp********さん

2009/9/219:26:33

漢民族とはなにか。漢語を話す民族である。

漢語とは何か?漢字をを用いるコトで文化の基盤を形成する言葉である。

Wikipediaでは、漢語(かんご)は、中国の周辺にあって漢字文化の強い影響を受けた日本、朝鮮(韓国)、ベトナムにおいて、日本語、朝鮮語、ベトナム語の中に取り入れられた中国語起源の語種(語彙の出自)、又それらの単語を元に各国で独自に造語された中国語風に発音する語彙のこと。漢字語(かんじご)ともいう。なお、必ずしも現代中国語で同じ語彙が使われているとは限らない。

日本、朝鮮(韓国)、ベトナムに住む、漢字を理解し活用している民族は準漢民族と呼ばれてもおかしくない。
すくなくとも、チベット、ウィグル、モンゴル、その他の中国内の少数民族よりも文化水準の高さで誇りを持ってよい。

習慣の違いや思想、教養の差があろうとも漢族の半同化状態にあることを間逃れることはできないな。

東アジア共同体の思想もその辺から来ているのでないかね?

現漢族の大多数は多くの民族が同化されて成立したものだし、客家と呼ばれている漢族が原型を残しているといわれるが、その多くは台湾など中華圏に点在している。

アメリカ国防総省を俗に ペンタゴン というが、その建物の原型は客家漢族のパクリだ。その優秀さを物語っている。

古くは項羽と劉邦の時代に遡れば、項羽によって劉邦が漢という地方の王に封じられたことから始まる。漢族の始まりだ。

つまり、当時、劉邦の家来であった連中が漢族の始まりって訳だ。純粋な漢族の姓はそこから始まる。楚王の項羽は当時、楚族で漢族とは呼ばれていない。

日本で有名な漢族は、赤穂浪士の竹林唯七は、孟子の子孫と呼ばれているのは有名な話。

因みに、中国人の身分証には民族表記がある。結構差別的な項目で、漢族以外の民族は色いろな面で優遇されることになる。 同様の仕事をしていれば、漢族に比して月給が割高になるとか、一人っ子政策に適用されず、多くの子供を持つことができるなどなど。

漢族というのは弱小民族に対して、甘いというか優しすぎる。

チベット、ウィグル問題も漢族が統治することで下層階級に居た民は貧しさから開放されている。

その辺が気に入らないのが、かつての支配階級であったダライラマやウィグルのあのおばちゃんだな。

やがて、チベット、ウィグル族も漢語を学び、同化されていく。その選択は大多数のチベット、ウィグルの民が決めればよい。

それが本当の民主主義というものだ。

漢族の膨張というのは民主主義の意思といえるかもしれんね。

だから、日本の政権も親中派が多数を占める民主党を日本国民は選択したのではないのかな?

この大胆な理論の展開を馬鹿にできないのも日本の現状を真摯に受け止めているという証拠だ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる