ここから本文です

境界についての質問です。私の所有の土地Aとお隣Bは公図でみると隣接しています...

bak********さん

2009/9/318:21:31

境界についての質問です。私の所有の土地Aとお隣Bは公図でみると隣接していますが、私の裏の所有者CがAB間には公図で存在しない土地がありC所有の土地があると主張されています。どう対処すればいいでしょうか

詳しく言いますと前述の続きにはなりますが昔(江戸~明治頃)現在竹藪の裏の敷地には屋敷が建っておりそこにつながる進入路がABの間にあったとの事です。(いわゆる専通)(旧の村の中) 現況は道路らしき幅が残ってはおりますが今よりさかのぼって100年位は通路として利用された人は皆無です。祖父から相続していますが祖父も自己所有と思っていたようですが、Cさんの祖父との口論でいざこざを避けるため折れて年間1000円程度で利用してもいいと借地権契約を交わしていたようで現在まで至ります。(50年前の手書きの契約書はCが今なお持っている)1000円程度なんでもめ事をしたくもないので今までは払ってはおりましたが領収書等はもらっておりませんでした。但し私は祖父から本来は私らの所有の土地であったと聞かされておりました。

しかし今は私自身住んでいないため売却を考えてはいますが公図では存在しない土地があるとなると不自然で次に購入される方も納得されないと思いますし、こちらが一歩ゆずって地番のない土地ですが、いくらかの金銭でこちらの所有物としての和解も申し入れましたが受け入れてもらえません。但し主張されている土地は約10坪弱で現在の価格でも坪当たり2~3万程度の場所ですので地積更正や100歩譲って、分筆して譲渡?などの方法もあると不動産業者から聞きましたがそうすると隣接地の測量等も必要になって売るので100万円は軽く超えてくると言われていますし、そうすることによって私の家屋まで車で入れなくなり外構のやり直し等の費用も発生するため売却してもいくらも残ってきません。
Cは訴訟も考えているようですがこちらも受けてたってもこのような場合こちらが裁判で勝てる見込みがあるでしょうか?また訴訟以外で解決策があれば教えてください。

補足tanpopono212 →地代を払っていたのはこちら側でcさんに対して払っていました。しかし領収書はもらっていませんでした。

閲覧数:
315
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tan********さん

2009/9/722:04:36

祖父が、Cさんの祖父との口論でいざこざを避けるため折れて年間1000円程度で利用してもいいと借地権契約を交わしていた(50年前の手書きの契約書はCが今なお持っている)。
1000円程度なんでもめ事をしたくもないので今までは払ってはおりましたが領収書等はもらっておりませんでした。

⇒払ってきたのは、Cの方でしょう? 領収書は御貴殿が発行していなかったでしょう?
公図は、大都市圏以外は、いい加減です。
*最寄の法務局の出張所へ電話し、一度現況を見てもらいましょう。

東京でも家が建っているのに、役所の道路台帳には、道路があることになっていることなど、不可思議な事が多いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

don********さん

2009/9/401:28:32

借地権であることを認めて、50年以上も地代を
払ってきたならば、勝てる要素はありません。

公図に書いてない、ということだけが光明ですが、
あまり期待は出来ないでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる