ここから本文です

鳥のサギと詐欺は語源的に関係あるのでしょうか

jga********さん

2009/9/1219:37:33

鳥のサギと詐欺は語源的に関係あるのでしょうか

閲覧数:
13,362
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

len********さん

2009/9/1221:46:26

鳥の「サギ」という音は、白く美しい立ち姿から「清い」を意味する「サヤケシ」から来ているという説が有力。
漢字を当てて「鷺」。鷺の色が白いことから「露」の「鳥」から来ています。
文字自体は訓読み(日本語として自然な読み方)で「サギ」、音読みだと「ロ」になります。
一方、犯罪のサギは「詐欺」、漢語読みである音読みです。
(ちなみに中国語で「詐欺」は「欺詐」。ひっくり返りますが同じ字を使います。)
漢字は表意文字なので、文字自体に意味があります。
「詐欺」の方はどちらも「あざむく、だます、騙る」ことを表す字を使った熟語。
というわけで、双方の出自にはまったく関連がないことがわかりますね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる