ここから本文です

日本脳炎の予防接種についての質問です。接種間隔と副作用・定着具合について、ご...

moco102525さん

2009/9/1710:51:37

日本脳炎の予防接種についての質問です。接種間隔と副作用・定着具合について、ご存知の方、ぜひご回答をお願いしたいです!!!

現在6歳半になる子供がいます。
日本脳炎の“本来の“接種時期が、推奨接種中止時期と重なってしまったため、いまだに一度も接種していない状態です。
公費を利用して無料接種できる期間が あと1年ちょっとしかないので、かなり焦っています。。。

そこで、【質問1】です。
Ⅰ期の接種は、1回目接種後 1~4週間あけて 2回目接種
となっていますが、1週間しかあけなかった場合と、4週間あけた場合とでは、何かマイナス要因になる(たとえば、副作用が起こるリスクが高くなったり、定着しにくくなるなど)ような違いがあるのでしょうか?

それと。。。
9月7日にMRの追加を接種した関係で、日本脳炎を接種できるのが 早くても10月5日以降となってしまいました。
無料接種できる期間が 来年の10月14日までなので、
Ⅰ期 第1回目・・・10月5日
第2回目・・・10月12日
と、強行スケジュールで接種させれば、来年の期限までにⅠ期追加までを終えることができそうなのですが、かかりつけの医院では、Ⅰ期の第1回目と第2回目の接種間隔を2週間程度あけたほうがいいと言われてしまいました。
そうなると、一年後に受けるべき「Ⅰ期追加」が、無料接種期間を過ぎてしまうので、何とかならないものかと悩んでいます。

そこで、【質問2】です。
Ⅰ期追加の接種は、 Ⅰ期接種後 おおむね1年後に 1回接種
となっていますが、この「おおむね」というのがあいまいすぎて困っています。約1年後というのは、つまり、一年よりも多少早くてもいいものなのか、やはり、少なくとも1年は経過していないといけないものなのか・・・どうなのでしょうか?

長~い質問になってしまいましたが、専門知識をお持ちの方、ぜひぜひご回答をお願い致します♪

補足ご回答、ありがとうございました♪
大変参考になりました。

閲覧数:
37,431
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

j_e_g0416さん

編集あり2009/9/2212:37:38

質問1
Ⅰ期初回と2回目の間隔は1~4週間と規定されていますが、うちのかかりつけ医では1週間だと免疫効果の点で不利だそうですので、3~4週間空けることをお勧めしています。

質問2
こちらは1年経っていなくても大丈夫です。
うちの息子は従来(旧)型ですが、ワクチン不足のこともあり初回2回目から9ヶ月後に追加を接種しています。
新型も従来型も、安全性、有効性の差に変わりはないとのことですので、間隔も同じように考えて大丈夫だと思います。

ということで、
Ⅰ期初回→→10月5日
2回目→→10月26日~11月8日くらい
追加→→7月26日(9ヶ月後)~10月14日

くらいのスケジュールで良いと思います。
ただ、10月になると季節性のインフルエンザの予防接種、また新型の予防接種も予定に入ってくると思いますので、そちらもお考えでしたら地域の流行具合や、今までの接種歴なども含め接種スケジュールを立てるのが良いと思います。
(日本脳炎もインフルエンザも不活化ワクチンですので、接種後1週間経てば次のワクチンが打てます)

また、副作用ついてですが、これは積極的な接種勧奨中止のきっかけとなった急性散在性脳脊髄膜炎(ADEM)の心配をされているかと思います。
ですがこの病気はワクチン接種後と自然発症の率は変わらないということと、元々原因不明の病気だということもあり、多くの専門家がワクチンの副作用としては考えにくいという立場をとっているそうです。
ですので、ワクチンがきっかけで、またワクチンの接種間隔がきっかけで、副作用としてADEMを発症する確立が高くなるといった心配はないと思います。それ以外での副作用は三種混合と同等(接種部の腫れ、しこり)か、それ以下とされています。

同じように公費負担の期限に迫られて、接種スケジュールを悩む方もいらっしゃいます。
積極的接種勧奨が再開されるまでは新型やADEMへの不安などで見合わせている方もいますし、当然定期接種での年齢枠を超えてしまうお子さんも出てきます。
そうなれば国からの救済措置(任意接種だが無料で受けられる制度)も出てくるかも知れませんし、これから体調を崩しやすい季節ですので、スケジュール通りにならなくても最悪自己負担でくらいの気持ちの方がお子さんにも良いかもしれません。
(従来型の在庫があるうちはうちのかかりつけでは3,500円、なくなれば6,000円になるそうですが、今後救済措置のことも含め金額が変わる可能性も)

長くなりましたが、参考になればと思います。

質問した人からのコメント

2009/9/24 15:39:28

成功 詳細なご回答、ありがとうございました!
1年経過していなくても1年後の追加接種が受けられそうで、ホッとしました。
今後の国の方針なども見守りながら、一度かかりつけ医に相談してみようと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

qwertcoさん

2009/9/1711:35:40

うちもこのあいだ日本脳炎の新ワクチンの1回目を打ってきました。
打った日の夜38度の熱が出ましたが1日で下がりました。
2回目は3週間後といわれて、予約をしてきました。
先生いわく、「1~4週間間隔で受ければ問題ないけど、どちらかと言えば4週間に近い方がやや効果が期待できる」とのことです。
ちなみに、たとえ4週間を過ぎてもさほど効果には影響がないのでやり直しをする必要はないそうです。
今後の予定もあるでしょうから早めに終わらせたければ1週間以上あいてれば大丈夫ですよ。

追加の「およそ1年後」はだいたいという意味なので、ちょうど1年じゃなくてもOKです。
もともと日本脳炎は不活化ワクチンで1週間あければ他の予防接種ができるわけですし、1回目と2回目の間隔だって1~4週間ですよね。追加で受けるワクチンも同様のワクチンですから、1年以上あけないと打てないっていうことはないはず。
1年たったころもう一度打つと抗体がつくっていうだけです。1年というのは目安ですよ。
期間ギリギリだともし具合が悪くて延期になった場合困るので、来年の10月に入ってすぐの頃追加を受ける予定でいればいいと思います。
お医者さんに期間のことを言えば相談にのってくれると思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。