ここから本文です

交通事故の後遺障害でいろいろ見ているのですが、当方が自転車で相手は車でひき逃...

jun********さん

2009/9/2214:32:36

交通事故の後遺障害でいろいろ見ているのですが、当方が自転車で相手は車でひき逃げ(あとで追いかけてつかまえた)で首から肩にかけてを捻ったのですが、こんなのでも(追記)後遺障害なのでしょうか?

通院して半年になりますが、手を振ったり、物を投げたりすると肩から手首にかけて電気が走ったようになります。じっとしていても腕の中の筋肉がピクピクなって痛いときがあります。診断書は頚椎捻挫と右肩打撲でした。後遺障害の請求では他覚的所見が必要とありますが、骨が折れたわけでもないのでどう説明すれば良いのかわかりません。同じような経験をお持ちのかたがおられましたら、教えていただけますでしょうか?

閲覧数:
318
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jik********さん

2009/9/2309:30:45

後遺障害認定の可能性はありますよ。
骨折等の明らかな器質変性がなくとも、
医学的に今後も症状が残ることが確かなら、
それに対する後遺障害認定の余地はあります。

ただ、その症状の原因がはっきり特定されていないようですから、
まずはその原因特定をしっかり受けることが必要です。
ニュアンス的には、
主治医すらその理由を説明できない状態なのではないでしょうか?
そういう状態のままでは適正に認定されることはまずありません。

そういう症状が出る可能性としては、
①首へのダメージから来る神経症状、
②腕の末梢神経のダメージによるもの、
③鎖骨下辺りの神経・血管のダメージによるもの、
といったものが挙げられます。

自転車での事故とのことですから、
経験から言うと③の可能性が高いようには思いますが、
整形外科医はこの診断をもっとも苦手とします。
経験上、ほとんどの③の症例で正しく診断されていません。
こちらから検査項目を指定して要望して、
それで初めて正しく診断されたり、
そこまで要望しても「そんなことはない」と意固地に否定されたり、
そういうことが起こり得る病態なので、
ちょっと独力では厳しい場面があるかもしれません。
③であれば診断名は外傷性胸郭出口症候群ということになりますが、
この病態を正しく理解している整形外科医は稀です。

まぁ詳しいことがわからないので、
この場で③の可能性がどの程度濃厚なのかわかりませんが、
もしこれだとすると、
首のレントゲンやMRIばかりどれだけ見ても、
結局「原因はわからない」としか医師も言ってくれません。
最悪のケースでは主治医にすら詐病的な扱いを受けることもあります。
「気のせいなんじゃないの?」
「事故の賠償に拘っているからじゃないの?」
「示談すれば治ると思うよ。」
「もう治療は打ち切るよ。」
など、あんまりな対応をされることも容易に想像できます。

この手の症例では医師もあまり頼りには出来ませんからね。
とは言え診断は医師にしか出来ませんから、
上手く立ち回らないと賠償上の権利は簡単に失ってしまいます。
また、賠償部分のことだけではなく、
原因特定が曖昧だと適切な処置が受けられませんから、
治療面でも医師任せでは適切な処置が受けられません。
単なる頚椎捻挫と外傷性胸郭出口症候群では、
処置内容は似ているとは言え少し違ってきます。
適正な原因特定は、賠償上も治療面でも非常に大事です。

交通事故被害者支援専門 植山行政書士事務所 植山 保

質問した人からのコメント

2009/9/29 18:05:28

植山様、ありがとうございます。プロのコメントを頂くとは思ってもみませんでした。幸い主治医は寒くなるともっと出てくるかもしれないのでそれまで待ちましょうと言ってました。とりあえず今後の経過を見ることにします。有難うございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる