ここから本文です

1221年に起きた承久の乱が当時の社会に与えた影響とはなんですか?? さっぱりわか...

pic********さん

2009/10/100:34:37

1221年に起きた承久の乱が当時の社会に与えた影響とはなんですか??
さっぱりわからなくて・・・・

閲覧数:
316
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mek********さん

2009/10/206:07:30

それまでは朝廷の権威は絶対だと思われていました。だから朝廷が命令すれば全国の武士は、その命令に従うだろうと考えられていたのです。だから全国の武士は朝廷を敵に回すことを何より怖れていたわけです。後鳥羽上皇もそのつもりで討幕の院宣を発したのだけど、あにはからんや、院宣の効力はさっぱりでした。幕府は怯まず、武士は幕府の命令に従ったのです。予想が外れて後鳥羽上皇は愕然です。社会に与えた影響としては、朝廷の権威が失墜し、幕府が権力を確立したということです。これ以降は朝廷は幕府の意向に全く逆らえなくなってしまいました。幕府が支配者であることが明確になったということです。

質問した人からのコメント

2009/10/2 19:38:57

降参 とっても分りやすくてよかったですッッッ

ありがとーございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sya********さん

2009/10/119:59:21

承久の乱は歴史上初めて武士が天皇(朝廷)に勝った戦争です。
そのインパクトたるや相当なものだったでしょう。

後鳥羽上皇に「逆賊」とされ幕府御家人たちの戦意は喪失しましたが、北条政子にハッパをかけられ返り討ちにすることに成功しました。

それまでは「朝廷」と「幕府」の二頭体制でしたが、幕府側が勝利したことで幕府側が完全に優位に立ちました。
そのあと江戸時代の終わりまで続く「武士の世の中」はこの時点から始まったと言っていいでしょう。

fel********さん

2009/10/100:45:14

ボクは小学生でしゅが…

小学生なら、「鎌倉幕府の権力が西国に及ぶようになった。(いわゆる新補地頭)」で充分だと思いましゅ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる