質屋を営業されている人にご質問です。中央宝石研究所の鑑定書が付いているダイヤモンドはなぜ価値が低いのですか。

法律相談24,556閲覧

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答いただきありがとうございます。訪問販売などの法律が厳しくなっても悪い人は悪いままです。ここ1年くらい田舎に来る訪問販売の業者は悪質です。

お礼日時:2009/10/12 14:46

その他の回答(1件)

5

質屋ではありませんが、参考程度にして頂ければ。 鑑定機関にも様々なランクがあって、判別の厳しい所と緩い所があったりします。 例えばダイヤモンドの鑑定でいちばん厳しい所はGIAですが、色石なら全国宝石学協会、真珠なら、…といった具合に石の種類によっても評価が分かれます。 例えばGIAでHカラーSIクラスと判別されるものが、別の鑑別機関ではGカラーVSクラスとされる事もありますし、それを狙ってわざと基準の緩い鑑別機関に出す業者もいます。 値段に関して言いますと、どの時点で買うかによって『定価』は大きく異なります。 卸業者と小売店の間にいくつメーカーを挟むかによって、販売価格がどんどん上乗せされていく訳です。 ですから、百貨店で買った商品が質屋に持っていくと10分の1の値段になるのは、質屋さんが大元の仕入値段を知っていて引き取り価格を設定するからです。 百貨店がぼったくり商売している訳でも、質屋さんが買い叩いている訳でも無い、…と念の為に言っておきますが。 ただ、嫌な商売をしている人も沢山いるのが現状です。 ホテルの販売会や催事場で交渉すると、何だかんだで3割~半額くらい引いてくれたりで、『じゃあ定価ってなんなの?』という感じですよね。 話が反れてしまいましたが、中宝研は特に特に悪辣な鑑定機関という訳ではありません。普通の鑑別機関です。 なので、中宝研の鑑定書が付いているから値段が安いのではなく、つけられていた値段の方に問題があったのだと思います。

5人がナイス!しています