国税専門官 2010年の国税専門官の試験を受験するのですが、今から予備校に通えば間に合うでしょうか? ちなみに知識はゼロなので全科目初めから勉強します。

公務員試験2,396閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

今年国税、国Ⅱの合格したものです。 他の方もおっしゃっていることですが、今の時期 から初学者が試験に臨むのは確かによほど努力が 必要かもしれませんが、まず質問者様が俗に言うマーチ以上の 学歴(国立大学も含む)の方で、仮に来年も今年度と同じくらいの 難易度で推移するとして今から予備校に行きカリキュラム を丁寧にこなし、しっかり一日5~6時間自習する覚悟がある のでしたら合格する可能性の方が確実に高くなると思います。 また私の友人は試験の年の2月から朝から晩まで勉強して数々の 公務員試験に合格していた人も現実にいます。(ちなみに地方の 平凡な国立大学の人です) つまり現実的に十分合格のチャンスはあると思って間違いありません。 しかし昨今の経済事情もあり確実に来年の難易度は上がるのは間違いない です。専門学校の方もおっしゃっていましたし... ですから心して取り組む必要はあります。 尚、二つの筆記試験の印象をお答えしますと、国税は国Ⅱや地上と比べますと 難易度だけを考えればやさしいと思いますが、他の公務員試験と併願を している人が多い為、国税独特ともいえる会計学と商法が科目をほとんど 勉強せずに挑む人が多いため一般的に国税も難しい試験と考えられるのかと 思います。 最後に筆記試験ももちろん重要ですが、面接も絶対にナメてはいけません。 国税の場合、筆記試験を通過できても面接で落とされる人は意外にもいます。 今年は特に一次試験の合格者が多く最終合格できない人もたくさんいました。 この傾向は今後可能性が高くなりそうなので面接もしっかりと対策をしてください。 私は国税の道には進みませんでしたが、財務系の仕事をすることになりましたので もしかしたらどこかでお会いできるかもしれませんね。頑張ってください、 応援しています。

0

普段の勉強できる時間にあります。 私は去年の10月から大原ではじめて、今年最終合格もらいました。 他にも国家2種と地方上級も最終合格はもらえました。 大原に関しては地方上級・国家2種・国税専門官コースや国税専門官コースがあります。 私は前者ですが、第一志望なら後者でいいと思います。 国税は国家2種や地上と違い、会計学が必須になりますがその分必須科目、選択科目は少なくなり、結果的に勉強範囲が他より多いわけではありません。 私は大学を休学して、大原に通っていたので年末までは毎日7~10時間、3月までは10時間、3月以降は時間の許す限りやっていました。 大原のカリキュラムでは遅いと感じたので、DVDフォローというオプションつけて授業は先々家でインターネット学習していました。 その上で苦手なとこをもういっかい生の講義を受けにいくって感じでした。 まぁ時間だけはたっぷりあり満足のいく結果が得られましたが、現役の大学生や社会人では今からは難しいかもしれません。 ちなみに比率は教養試験:専門択一:専門論文:人物試験=2:3:2:2です。 それぞれ基準点(満点の35%~40%)が設けられていて、いずれかこれを下回ると他の試験の成績に関わらず不合格です。 人物試験に関してはA~Eの五段階評価のうちD、Eの評価であれば不合格ということです。 ここまでが公式の発表で、大原のデータによると合格ラインは6~7割の得点だと推定されています。 私の事前知識は法学部でもないので、法律の知識は大学で履修した科目程度(民法)、 教養に関しては関関同立合格のレベルで高くもなく、低くもなくといった感じです。 まぁ教養も専門にも言えることですが・・・ 公務員試験は膨大な科目があるように見えますが、必須科目・選択科目式なので選択科目で捨て科目を作れるので、 見かけよりは少ないです。 私も数学、化学、英語、物理とか下積みが必要な科目は捨てました。 専門もたくさん捨ててます。 ただ数学捨てても数的処理という科目は必須科目ですが・・・ あと面接面に関しては、恥ずかしながら10月の時点で大学5回生でしたので面接経験はそこそこありました。 ちなみに大原なら納得いくまで面接のレクチャーをしてくれました。 最後に絶対的ポイントをお教えしますと、 先ほど述べた数的処理と、あと文章理解という科目を毎日数問解くことですね。 一見法律分野などの方が覚えることが多そうですが、講義を受ける→復習を繰り返すで誰でも頭に入ります。 しかし数的や文章理解は筋トレと同じで日々の鍛錬です。 同じ時間を後でまとめてとっても意味がないです。 もちろん超得意な人には関係ない話です。

0

国税に関しては厳しすぎます。教養試験、専門試験、小論文、面接と対策を残り8か月程度でする必要があります。もし国税にこだわりがないのなら、教養試験と面接だけで公務員になれる試験もありますのでそちらを受験されてはいかがですか?