ここから本文です

ギターで、サテンフィニッシュとグロスフィニッシュの違いはなんですか? また、...

ryo********さん

2009/10/2221:26:09

ギターで、サテンフィニッシュとグロスフィニッシュの違いはなんですか?

また、どちらのほうが良いですか?個人的な意見を聞かしてください

閲覧数:
45,696
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eni********さん

2009/10/2221:46:26

サテンフィニッシュは塗装表面にサラサラとした特殊な加工を施したものです。手触りが生木を
触っているような感覚なので、その手触りを重視してネックの塗装に使用するメーカーも多く存
在しますが、物によっては手垢がこびりついたり、弾いているうちにつやが出てきてしまうものもあ
り、一長一短といったところです。手入れはポリッシュなどは使わず、乾拭き程度で充分です。
ポリウレタン塗装ではつやが出てきてしまいますが、ニトロセルロースラッカーの場合は塗装がな
じんだ上に、ネックでは薄くなってきて独特のグリップ感と風合いを生み出しますが、ニトロセルロ
ースラッカーの場合は取り扱いに注意が必要です。

グロスフィニッシュはその名の通り、グロス・・・つやのある塗装の事です。ギターの塗装として一
般的なもので、木目等を重視するギターにはグロスフィニッシュのギターがほとんどと言っていい
でしょう。手入れにはポリッシュが必要になりますが、ネックの場合汗をかくと手がネックにベタ付
く欠点があります。

この他にも木肌にオイルワックスを塗りこんだオイルフィニッシュがありますが、こちらは定期的な
オイルワックスの塗布等の手入れが必要になってきます。

質問した人からのコメント

2009/10/22 21:58:56

笑う 参考にします

ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gon********さん

2009/10/2221:55:15

サテンフィニッシュはツヤのない塗装。
代表例、フェンダーUSA Highway シリーズのボディーの塗装、フェンダーUSAアメリカンシリーズのネックの裏側の塗装。
ギブソンのフェイテッドシリーズのボディー塗装

薄いラッカー・サテンフィニッシュの為、自然な経年変化(塗装引き、擦れ等による風合の変化)が早く現われやすい。
つまり、早く“音が成長する”と言えるだろう。一度手に取れば、ヴィンテージ同様の音と価格のギャップに驚き、そしてHighway1がいかに魅力的なシリーズであることが理解できる(HPからの引用)

グロスフィニッシュは、美しいツヤありの塗膜を作り、木材表面を保護します。
ツヤツヤな塗装のことです

どちらが良いかは個人の判断です
サテンフィニッシュのボディーはある意味手抜きと言う人もいます。ツヤを出す塗装を省略しているため。その分価格はグロスフィニッシュより安いです。

個人的にはラッカー塗装のツヤツヤの光沢が高級感あるように見えます。
フェンダーUSAのサテンフィニッシュのネックの感触も好きです。

mcl********さん

2009/10/2221:41:13

サテンフィニッシュというのは表面がサラサラの仕上げ、グロスフィニッシュっていうのは表面がテカテカの仕上げです。

どちらが良いかはお好みでしょうが、個人的な意見で良いのならグロス仕上げのほうが好きです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる