ここから本文です

新車(トヨタ・ヴェルファイア)1ヶ月の事故。 新車に交換してもらわないと気が...

alphard63さん

2009/10/2315:30:49

新車(トヨタ・ヴェルファイア)1ヶ月の事故。

新車に交換してもらわないと気が済まない!!

けど相手側の保険会社は修理費しか無理と…。

新車にしてもらうのは難しいんですかね?

先日T字路で左側から当たられました。
どちらも直進だったのですが、カーブミラーがあり、こちら側の方が道幅も広く、相手側には一旦停止もあります。
相手の事はカーブミラーで確認できていたのですが、塀があり、少し見通しが悪い所でもあるのです。
しかし、こちらが優先と判断したので私はスピードを緩め直進しました。
すると、相手が頭も出さず突っ込んできて衝突。

相手は軽四でバンパーがいかれてました。私の方は左側前方から後ろにかけていってます。
板金にすぐ出し、当初は2週間かかると言われてたのですが、
フレームまで歪んでるとのことで1ヶ月いっぱいはかかると。
それを聞き憤りを感じすぐ私の保険担当の方に連絡し、相手の方に連絡を取ってもらったのですが、
修理費しか出せないと。
割合的には私8相手2になってるみたいです。
この事故の損害で精神的苦痛になり、不眠になったり、
ホルモンのバランスが崩れました。病院には行ってません。

新車に交換はやはり無理なんですかね?
損害賠償、慰謝料などはそんなに要求できないですかね?

一応弁護士さんに相談予定なんですが、気になって…。

何か知っている事などがあれば声を聞かせてください。

閲覧数:
11,780
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shou_go001さん

2009/10/2316:06:26

新車は無理です。
フレームまでいっていると、いわゆる評価損(格落ち損害)が発生する場合がありますので、せいぜいそれを請求できる程度ですが、保険会社はそれも認めるません。

評価損を請求するのであれば、訴訟起こせばおおよそ修理代の2~3割程度まで、場合によってそれ以上認められるケースもありますので、その辺も視野に入れ弁護士へ相談してください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hdm28532さん

2009/10/2719:36:13

法律がどうこうの問題ではありません。当事者同士で納得できるまで直接話すべきです。私なら新車プラス迷惑代金100万要求します。

gogolunarianさん

2009/10/2522:23:35

残念ながら新車に交換は無理です。フレームまで歪んだ車は
査定で「事故車」扱いになり、査定額も下がります。相手から
は修理代の一部(全額ではない)が出るとは思います。損害
賠償を要求したとしても相手が拒否する可能性があり、拒否
されればそれまでです。また、請求する側が損害額を立証で
きるのであれば、相手側に対して民事訴訟を起こして損害賠
償を請求する事はできると思います。

ef4810さん

2009/10/2323:06:11

「そんなに大切な車なら、観賞用にして床の間にでも飾っておいて下さい」
とでも言われて門前払いがいいところです。

評価損は相手100パーセントなら見込みがありますが、
あなたにも過失がある事案では期待できませんね。

損害賠償、慰謝料などはそんなに要求できないですかね?とのことですが、
要求するのは勝手ですが「そんなに」どころか「一銭も」無理と思って下さい。

これがやられ損です。
気の毒ですが、自動車事故とはこんなもんです。

masapy0620さん

2009/10/2321:01:15

保険会社の対応で新車への交換は難しいと思います。

私も過去に納車二日目に追突事故をされた経験があります。
その時の事故の相手が非常にいい人で、事故の相手から新車を保障してもらった事があります。

ただ、今の世の中景気も悪いですし、難しいと思いますよ。

jiko110banさん

2009/10/2316:19:50

Q やっとの思いで購入した新車を運転中、あろうことか、交差点で停止中に追突を受けました。
納車 7 日目、走行距離 520km です。
新車賠償を要求していますがうまく行きません。 だめですか?

A 裁判所の基本的な考え方は、「購入後 3 ヶ月以内・走行 3000km 以内で車両の主たる構造装置に致命的な損傷を受けた場合に限って新車賠償を認める!」こんな厳しい意見で、近年、新車賠償を認めた判決はありません。

S62-1-30 の大阪地裁判決は納車後 30 分で追突された新車、ボルボに対して、新車賠償を認めていません。
実に語るも悔しい悲惨な判決です。
したがって、新車賠償の実現は残念ながら不可能と考えるべきです。

では、どうやって、なにを請求するのか?
本件では、車両修理費用+修理期間中の代車費用+評価損の合計額を請求することになります。

ヤフーで自動車査定協会と打ち込むと、財団法人 自動車査定協会のHPが開きます。最寄りの支部に連絡を入れ、見積もりをお願いするのです。
出張査定であっても、1万円未満の費用で査定がなされ、自動車減価額証明書が発行されます。

自動車査定協会は、裁判所の依頼で破産者の保有自動車の査定等を行っており、十分信用の出来る財団法人です。
裁判所では査定協会の評価額を参考に、修理費用の30%程度を格落ち損傷として認めています。

したがって、自動車減価額証明書を保険屋さんに提出、粘り強い交渉を開始するのです。
電話で軽い乗りで請求しても、これは門前払いとされます。
書面で根拠を示して、冷静に粘り強く交渉すれば、多くは認められています。
私も2年前、エスティマの追突事故で、トラック共済=当時の無認可共済に評価損を認めさせています。

以上です。

交通事故110番 宮尾 一郎

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。