ここから本文です

幽体離脱中に同じく幽体離脱している人と出逢ったりするのでしょうか?経験がある...

masayaさん

2009/10/2513:20:27

幽体離脱中に同じく幽体離脱している人と出逢ったりするのでしょうか?経験がある方、教えて貰えませんか。

閲覧数:
1,885
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lul********さん

編集あり2009/10/2514:05:01

こちらは、「ヘミシンク」で実際にあの世に行って、さまよっている魂の救出活動をされている方のブログですが、何人かで幽体離脱して一緒にワークをしています。リトリーバルは救出という意味です(一部抜粋)

imimiのリトリーバル日記
http://plaza.rakuten.co.jp/imimi/diary/200812280000/

imimiのリトリーバル日記 (携帯の方)
http://plz.rakuten.co.jp/imimi/diary/?act=view&d_date=2008-12-28&d_...

私は、(2008年)の11月下旬に初めてリトリーバルを体験しました。

それを体験したのは、ケヴィン・ターナーさんの「死後意識の探求・魂の救済コース」でした。
http://www.geocities.jp/exploremonroe/

はじめにお話しするのは、最終日に体験した出来事です。

ケヴィンさんから、これからグループ・リトリーバルをすると言われました。

ここでいうグループ・リトリーバルとは、数人でチームを作って、救出予定者のところに向かい、救出活動を行うというものです。

私のチームは、自分を含めて4名でした。

やり方は以下のような手順で行います。

まず、C1(現実世界)で実際に起こった事件で、それが起こった国名、日時、時間だけが書かれた紙がそれぞれのグループに配布されます。

私達は、この国名、日時、時間を覚えておきへミシンクを始めます。そしてF21のブリッジ・カフェでグループのみんなで集まったあと、救出する現場へと向かいます。

その現場は、非物質的な場所ですが、実際に起こったC1の場所と状況が似ていると思われます。

私達のグループに与えられたのは、次のような情報でした。

「ブルキナファソ、ボロモ市近く、2008年11月15日」。

要するに、この情報だけを頼りに、これから共同でリトリーバルを行おうということなのです。

早速、私達はF21のブリッジ・カフェで集合し、みんなで輪になって手をつなぎエネルギーを集約させた後、現場へと向かいました。

現場に着くと私は、外国のどこかの路上にいます。

あたりは静まり返っている感じで、車の激しい往来はありません。

道端のところどころに人がうずくまっているようです。

まず目に入ってきたのは、道路わきに腰掛けてうなだれている2人です。

私は、ガイド(黒服の男性。トムという名前です)とともに、「ここにいたら風邪をひきますし、あぶないですよ。安全な場所に移動しましょう。」と呼びかけ、F27までお連れしました。

すぐに現場まで引き返してみると、女の人が赤ちゃんを抱きかかえてこちらに向かってくるのが感じられ、私に話しかけてきました。

女性は赤ちゃんがぐったりしているのがとても心配なようです。

そこで私は「ここにいては設備も何もないので、ちゃんとした治療のできるところまで行きましょう」と女の人に告げて、女の人と赤ちゃんをF27までお連れしました。

すぐに再び現場に戻り、同じグループだったNさんの下に駆け寄り、Nさんと一緒にある人物をF27までお連れしました。

またすぐに現場に戻り、同じグループのYさん、Hさんと協力して3人である人物をF27までお連れしました。

この時点で、現場には、かなりの人数がいたような気がしました。

ここら辺で、私は現場で何が起こったのか状況整理してみました。

まず、現場に着いた途端に私には、瞬間的にバスが一瞬見えたあと、事後の原因が爆発だったのではないかと直観的に思いました。

次に感じられたのが、大勢の人が突然亡くなっているという印象でした。

その他に、現場で救出活動にあたっている時に、その場に漂っていた深い悲しみが伝わってきました。

これらの情報を総合して、私は、現場で車が爆発し、多数の人が一瞬でなくなったのだと結論づけました。

リトリーバルを終えて、グループ間で情報を共有し合った後、実際に会った事件当時の新聞が配布されました。

すると、次のように書かれてありました。

「西アフリカのブルキナファソで15日、バスとトラックが衝突し炎上する同国最悪の交通事故が発生し、少なくとも66人が死亡した。…96人が事故に遭い、うち66人が死亡したと発表した。55人の遺体は完全に炭化していたという。現在30人の入院が確認されている。初期捜査の段階では、トラックの運転手が居眠り運転をしていた可能性が疑われている。…現場の道路わき12メートルのところに穴が掘られ、周辺の村の住民や犠牲者の遺族によって遺体が埋葬された。」

グループ・リトリーバルは、一人で救出する時よりもより多くのエネルギーを共有することができると言われています。

しかし、それにしても驚くべき結果でした。

このことは、私がへミシンクで体験した内容が真実であるとの確信を深めるのに十分すぎるものでした。

質問した人からのコメント

2009/10/25 14:37:03

成功 丁寧な回答ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる