ここから本文です

なぜ高校野球はバントが極端に多いのですか?

aki********さん

2009/10/3119:18:27

なぜ高校野球はバントが極端に多いのですか?

ノーアウト1塁から高校野球では必ずと言っていいほど送りバントをしますが、ここまで極端に送りバントをする戦術的意図はなんですか?
もちろんバントが成功すればヒット一本で帰ってこれる訳ですし、プロ野球の投手のように打率1割台で打撃には期待ができない
場合や相手投手が調子が良すぎて連打が期待できない場合はバントも作戦として十分ありうると思います。
しかし高校野球の場合は極端すぎはしませんか?
統計をしらべてみたのですがプロ野球しかみつかりませんでしたが
ノーアウト1塁のケースでは
統計上はプロ野球の場合バントをした場合の得点平均は0.758
しなかった場合の平均は0.885
数学上の計算によるとの慶応大学の教授によれば長打を打てない打者でも2割5分打てれば得点期待値は0.784となりバントのほうが数学上は無意味な作戦となるようです。
さらに得点平均だけでなく、1点が入るかどうかだけ見てもバントのほうが非効率です。
バントをして1点以上入る確率です。
する40.4%
しない40.6%
よくダブルプレーを取られると流れが悪くなるといわれる方もいらっしゃいますが、
これも統計上は否定されてます。
(ダブルプレーが取られる取られないは次の回の失点率に影響はしないという結果です。打撃も影響なし)
なぜここまで極端にバントに頼るチームが多いのでしょうか?

閲覧数:
2,364
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nek********さん

2009/10/3119:39:10

>長打を打てない打者でも2割5分打てれば

たいがいの高校生は、特に甲子園では2割5分も打てないからです。それが最大の理由でしょう。
2割5分、つまり4打数1安打というのは、チームに置き換えれば「1イニングに1本」ということになります。
相手の投手がよければ、1試合に9本ものヒットは期待できないと考えるのが当然かと思います。
もちろん、長期シーズンであるプロ野球のデータを、トーナメント戦に当てはめる無理ということもあります。

高校野球でも、バントをほとんどしないチームがたまに現れますし、
そういうチームが頂点に立った例も、ひとつやふたつではありません。
しかし、多くの優勝校が、バントを多用するか、大事な場面では決めているので、
そうするのがトーナメントで勝つための選択なのだと信じる監督が多くなるわけでしょう。

質問した人からのコメント

2009/10/31 21:31:09

たしかに2割5分打てない前提では考えてませんでした

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2009/10/3120:19:40

他の回答者の方も言ってますが、トーナメントとリーグ戦なので
戦い方が違います。

あなたは野球経験者ですか?
あなたのような分析も大切だとは思いますが、
机上の計算で算出できないものが試合には存在します。

「試合の流れ」というものです。

大差で負けてる時にノーアウトのランナーをバントで送っても・・・
と思うかもしれませんが、その後ヒットが出て点数が入って
試合の流れが変わり、大逆転という事も多々あります。
1つのエラーで流れが変わったり、好投していていきなり連打を浴び
そこでタイムをとる事によって試合の流れが変わったり等
書ききれないほどの「目に見えない野球」が存在します。

高校生はまだまだ発展途上(精神的にも肉体的にも)であり
そのときの状況によって流れが変わりやすいのも高校野球の特徴です。
ですから一概に理屈だけでは説明できない部分があるのです。

しかし、あなたのような分析も大切だとおもうので頑張ってください。

tuu********さん

2009/10/3119:21:42

高校野球はプロ野球のようにリーグ戦ではないので1試合がとても重要です。なので確実にランナーを進める事の出来るバントが用いられるのでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる