ここから本文です

野球のバッティングで打球の弾道を上げるのは、どうすれば良いですか。(アッパー...

cpg********さん

2009/11/219:59:43

野球のバッティングで打球の弾道を上げるのは、どうすれば良いですか。(アッパースイング以外で〕
あと打球の伸びを伸びる打球にする方法を教えてください。
できれば強打者の人お願いします。

補足中学の軟式で右投げ右打ちです。

閲覧数:
11,944
回答数:
5
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

c1w********さん

2009/11/802:43:12

自分も今年引退したばかりの軟式右投げ右打ちですぜ。

とりあえず、明日部活でコレを試してみろ。俺が2年のときにやっていた打撃の極意だ。

1、とにかくティーボールをネットの穴めがけてブッ叩く(微妙に平行よりもダウン気味で)×50回

2、それが終わってボールを自分で拾う(部活おなじみww)

3、こんどはさっきと同じスイングで、ボールの中心を良く見て7割でスイングする×50回

4、ボール拾う。

5、素振り200回~300回(というか飽きない程度だけど俺はバットが好きだから毎日1500は振ってた)
で、このときにチェックだ。

A、 ピッチャーはイメージしなくて良いから、ゆっくりと1スイング20秒かけて、構えるところから振り切るところまでをしっかりと確認する(これは先生と一緒にやったほうがいいかもよ)×5回程度
B、 楽に構えて、鋭く振りぬいて(でも全力では振らない)、楽に振り切る。このときに小さいスイングすぎるとアベレージヒッターに変わってしまう。自分のスイングをあくまで心がける。×200回くらい
C、 球場全体の雰囲気を想像して、自分が打席に入るところからヒットを打つまでを再現しながら振る。ヘルメットもつける。
D、(※コレ重要※)見逃し方をチェックする。これはブルペンの打席に入って、ピッチャーに投げてもらう(シャドーでもよい)。このときスイングはせず、見逃し方をチェックするのだ。チェック事項としては

・変化球が来たときに体が打ちに行かないでしっかり待てていること
・アウトローの直球を見逃すときに体が動くとボールがぶれて見えるので目だけでボールを追う(これはどのコース、球種でも一緒。)
・見逃すときに肩に力が入っていないようにする。そうすると相手に威圧感を与える。(試合では結構内角にボールが集まってくる)

自分はこれを5ヶ月やってようやく開花しました。
今年が始まってから化け物のように打ち始めて、夏までに6割はキープしてました。
自分がその中で習得した、タイミングの取り方を特別に。
・ピッチャーがリリースした瞬間に自分はトップの位置でキープして動かない(まだ力は抜く)
・プレートとホームベースの間に来たくらいまでに球種・コースを完璧につかむ
・スイングは8割。これでも打球はちゃんと練習していればぐんぐん伸びます。
・伸びる、伸びる、入った、ホームラーン。

ホームランを打ったことがある人ならわかると思うが、打ったそのときにボールが止まって見えていたはずです。これはタイミングがちょうど合ったときにしか感じられません。その感覚が自分の身につけば、自分のように120メートルだって中学のうちから飛ばせます。

とにかく、練習がんばれ。同じようなタイプの選手は応援したい性格なんでね。

質問した人からのコメント

2009/11/9 17:40:50

成功 ありがとうございます。
さっそく明日から毎日やって、あなたのようなバッターになって見せます。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jun********さん

2009/11/222:16:03

簡単です。スイングスピードを上げてください。打球が伸びるというのは、球にバックスピンがかかっていると伸びます。ですから先天的なものもありますがスイングスピードが速い人が、レベルスイングで打つとバックスピンがかかって飛びます。

don********さん

2009/11/221:39:55

レベルスイングで打点を前目にとると「アップ軌道の時」にインパクトできるので、ボールの中心を捕らえても打球は上がる。

メジャーの野球を見てるとわかるでしょう? スイング軌道とボールの飛ぶ軌道が一致したように飛ぶことがある。ライナー性で、けたたましいスピードで飛んでいく。
これは、バットの運動エネルギーが全てボールに伝わるから。

日本では「上から叩け」とよく言われるけど、こすった打球になって、パワーのない打者がこれで打っても飛びません。
ゴロで間を抜くヒットやライナーヒットが関の山。

軸(背骨)に直角の平面スイングで振るのがレベルスイング。
したがって、頭が捕手寄りに倒れればアッパー気味のスイングになるので、ベンチから見て「軸足のヒザの上に真っ直ぐ上体が乗っている」状態でボールの中心を叩くこと。

伸びる打球にするには、わずかなバックスピンがかかっていればOK。
ボールの中心の5mmほど下を叩けば、そういう打球になる。

wo3********さん

2009/11/221:32:38

落合博満氏(現中日監督)によればボールを遠くまで飛ばすためにはダウンスイングでボールにバックスピンの強い回転かける事が一番だとか。確かに阪神の藤川球児投手のボールが伸びるように感じるのはきれいなバックスピンで、回転数が多いため初速と終速の差が少ないからと言われています。打球に関しても同じ事が言えるはずです。落合氏はいつもボールの真ん中の6ミリ下をダウンスイングで打つ練習をしていたようです。その数ミリのズレでゴロやフライになるため難しいところです。ついでにあなたが軟式野球をしているならさらに注意が必要です。軟式ボールは簡単につぶれるのでもっと真ん中よりを狙って打つそうです。

abc********さん

2009/11/221:04:55

ピッチャーにトスするようにセンター返しを心がけてください。まずはピッチャー正面、次はセンター前、センターの定位置、センターオーバー、バックスクリーンと順に飛距離を伸ばすイメージでやればいいと思います。野球はバットでボールを打つものです。プロレスやサッカーのように体で打つものではありません。ミートさえすればとりあえずボールは飛んでくれます。また、打つときはバックスピンをかける感じで脇を締めて打つとノビが出るんじゃないでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる