ここから本文です

戦前の日本の学校では、音楽の授業はあったんですか? また、ピアノを使った授業は...

bhs********さん

2009/11/516:10:16

戦前の日本の学校では、音楽の授業はあったんですか? また、ピアノを使った授業はあったんでしょうか?

閲覧数:
302
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gon********さん

編集あり2009/11/516:23:22

尋常小学校の時代(昭和16年以前)には「唱歌」として、昭和16年以後の国民学校時代には「音楽」としてそれぞれ音楽教育の授業はありましたよ。
ピアノは現在では考えられないほど高級品・貴重品でしたから一般の学校にはまずありませんでしたが、その代わりに足踏み式オルガンが広く用いられました。
ピアノがどこの学校でも当たり前のように見られるようになったのは戦後、それも昭和40年代あたりからの話です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

six********さん

2009/11/623:50:04

あったそうですよ。
今では当たり前なピアノの挨拶(?)「ジャーン、ジャーン、ジャーン」(変ですみません)というのは最初はなくて、「1・2・3」とかだったらしいですしね。

さん

2009/11/516:54:05

もちろんありました。
ただし、一週間に一度あるかないかだったような気がします。
私が育った長崎県の田舎では中年の男の先生が不器用にオルガンを踏みながら「ハニホヘトイロハ」(ドレミファソラシドではなくこれで教わりました)
と声を張り上げていました。
ピアノはありませんでした。ピアノは戦後、長崎市に行った時にはじめて見ました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる