ここから本文です

...魚に詳しい方!「子持ちししゃも」って、どこでもよく売っていますよね!

ms6********さん

2009/11/702:24:01

...魚に詳しい方!「子持ちししゃも」って、どこでもよく売っていますよね!

でもなんで子持ちは「ししゃも」が主なのでしょう?

子持ちアジ、子持ちサンマ、子持ちサバとかは売らないのですか?なんでししゃもだけが妊娠中に食べられてしまうのでしょうか?

たらこはなぜか卵だけ腹からかき出されて売っています。

その辺のことに詳しいかた、詳しくない方でもけっこうですが、どうなんでしょうね?

補足子持ちイワシも見たことも聞いたことがないのですが、やはりそんなにおいしくないのですか?

どんな味か食べてみたいのですが絶対に売ってないのでしょうか?

閲覧数:
1,930
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

afr********さん

2009/11/1208:24:48

魚は抱卵期になると卵に栄養を取られ、肉質の脂肪比率が落ちます。
いわゆる アブラの無い、ぱさぱさの身になってしまいます。
子持ちアジ、子持ちサバは絶対にマズイ事を保証します。
また卵を産んだ後・排卵直後も同じくアブラの無い肉質になります。

食べて「おいしい」と感じる為にはアジの場合、脂質16%以上、
サバの場合なら脂質20-25%位が必要とされます。
アジはオランダ・アイルランド産、 サバはノルウエー産
(サンマだけは まだ国内でいっぱい獲れます)が主体ですが、
いずれも抱卵になる前のアブラの乗った時期のみを狙って日本の
会社は輸入をしています。

干しシシャモは魚肉だけを食べるのではなく、卵の食感を味わい
丸ごと食べてしまう魚、そういう市場が確立しています。
(それゆえ逆に、身の脂質ではなく、卵の比率16%以上ある時期を狙って
日本の会社は輸入をしています。)
シシャモも身だけを食べるならオス・シシャモの方がまだ
アブラが有っておいしいです。

ちなみにカペリンというコトバは有りません。
カナダ現地では Capelin 「ケイプリン」、フランス系カナダでは「カプラン」
和名は キュウリウオ科のカラフト・シシャモ種です。
北海道特産のキュウリウオ科シシャモ種と近似の魚種になります。

質問した人からのコメント

2009/11/13 11:52:34

とにかくおいしくないのですね?でも味の好みは人それぞれなのに、みんなが皆おいしくないと思う味ってどれくらいマズイのでしょう?食べてみたくなりました!
やっぱりイワシの卵もおいしくないのですか?でも食べたことある人いるのかなぁ?

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nul********さん

2009/11/713:49:55

子持ちが珍重される魚介類は多数あります。

子持ちシシャモ
子持ちカラフトシシャモ
子持ちキュウリウオ
子持ちワカサギ
子持ちハタハタ
子持ちガレイ
子持ちニシン
子持ちアユ
子持ちニゴロブナ
等々。

そのほか、
イイダコ
エビ
シャコ
ワタリガニ
なども、卵を抱いたものが珍重されます。

卵を抱いたままの状態で売られる魚介類は、卵も身のどちらも価値があるか、親のほうにが価値があって卵も旨いものものといえるでしょう。

卵がそれほど美味とはいえないものは、卵単独の商品にはならないし、卵を抱いた親が特別に珍重されることもない。親と卵が別々に価値があるものは独立して商品になります。

卵が独立した価値を持つものは多数あります。親も独立した価値を持つものも多いし、親がないがしろにされているものもあります。
タラコの親であるスケトウダラは、ほとんどがすり身にして練り物の材料になります。生のスケトウダラの親も少しだけ流通しています。数の子の親は身欠きニシンなどの加工品にもなります。シシャモの父親は多くが飼料や肥料にされていると聞きますが、身はオスのほうが旨い。北海道の地元でしか流通していないと言われていましたが、首都圏でもいつごろからか見かけるようになりました。


主な魚卵。

真子 (真鯛)
数の子 (ニシン)
キャビア (チョウザメ)
イクラ/筋子/鱒子 (サケ/マス)
鱈子 (スケトウダラ)
とびこ (トビウオ)
唐墨 (ボラ)
海藤花 (マダコ)
くちこ (ナマコ)
雲丹 (ウニ)
かに子 (カニ)
ふぐの子の糠漬け (フグ)

vn_********さん

2009/11/710:57:30

日本で言えば偽者シシャモ溢れていますね。
抱卵ニシンなんてのもありますよ。
カズノコが見える様に頭を折っているのがそれです。
そのまま七厘で焼いて食べるカズノコの方が、
お正月のカズノコより好きです。
タイだとタイの子煮たのが好きですが、単品で売れる物と、
そうでない物がありますからねえ。
カラスミやトビコなどが当てはまるかな。

hig********さん

2009/11/707:42:12

簡単に説明すると美味しくないからです。

通常、魚は産卵期に入ると身の栄養の大半を
玉子へ使います、身の味が一番不味い時期なんですね。
鮭のイクラは有名ですが鮭は産卵後は死にます。
体中の栄養を使い切る訳ですね。

他にも白子やマコとして別売りされたりマコ入りとしても
普通に売られています。
ただ時期が限定されるので見当たらないだけですね。
刺身としては厳しいので煮魚などで使われる感じですね。

シシャモ(カペリンね)の場合は体の大きさに比例して魚卵の
サイズと言うか量が多いので身よりも美味しく食べれます、
なので1匹まるごとなんですね、さらに魚卵だけ取り出しても
食べ難いし・・・笑

タラコなど魚卵は有名な明太子になっていますが身は、こちらも
有名な白身フライや鍋用のタラの身になって使われています。

鮭もイクラを取り出してから塩漬けにして汐鮭やフレークにされています。

アジ・秋刀魚・鯖と丸ごと頭から食べる物ではありませんよね?
鮭もタラも・・・子持ちで売るメリットがない・・・笑

tor********さん

2009/11/702:49:38

子持ちししゃもについてですが子なしのオスししゃもも売ってありますよ、味は子持ちの方がいいかな?宮崎などは子持ち鮎などあります。産卵期の魚はスーパーにも並びますがサバアジなどの魚卵は一般的に食べませんし、内臓として捨てます。例え子持ちでも味などたいした変化がないからだと思います。そのままの形で食べる魚で食べて旨いものに表現するのではないのかなと思います、個人的な意見ですんで参考までにしてください。ちなみにししゃもの名前は正式にはキャペリンて魚です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる