ここから本文です

負担が少ない肌のメイク手順 化粧水→乳液→日焼け止め→下地→ルースファンデ→チー...

sno********さん

2009/11/1410:55:34

負担が少ない肌のメイク手順

化粧水→乳液→日焼け止め→下地→ルースファンデ→チーク
の順で私は化粧をしているのですが、肌への負担をもっと減らしたいです。
どうすればいいでしょうか?

閲覧数:
494
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2009/11/1411:00:31

私は
ジェル→日焼け止め(晴:50+++/雲,雨:30+++)→パウダーファンデ
…っていう感じでやってます。
日焼け止めは肌に負担がかかってしまうので、晴れの日と雨の日とで使い分けをしています。
ファンデもオーガニックのモノを使うようにしています。

質問した人からのコメント

2009/11/21 08:05:49

感謝 皆さんありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qoo********さん

2009/11/1413:28:56

日焼け止めをなんのブランドをお使いか存じませんが、基本、今の季節は日焼け止めはストップしてはいかがですか?
今は大体、化粧下地はSPFとPAは少なからず入っていますよね。
省くとしたら、日焼け止めだと思います。
夏や春先になってからは、紫外線量の多い場所(地方)は、UVカットが第一目的のものが必須になるかもしれませんが・・・。
あとは、コットン使用です。高級なものほどお高いのが現実ではありますが、国際基準をクリアしたものは、多く売っています。
適切な力で適量を使うのが、肌に一番いいと思うので、効率的にするためにも、いかがでしょうか。

bar********さん

2009/11/1413:06:38

乳液のスキンケア効果に日焼け止め+化粧下地が組み合わさっている製品は、各メーカーから出ていますからこういった製品を使用するのも時間の短縮や肌への負担は単品の数種類を使用するより軽い負担で済みます。
日焼け止めと化粧下地がどの程度のSPF値かにもよりますが、化粧下地に日焼け止め効果がSPF20程度あるなら日焼け止めの使用は、省いてもいいと思いますね。(日常生活レベルの紫外線量を浴びる程度なら)
ただ、屋外で紫外線を長時間浴びる場合やこれからウインタースポーツなどをされる場合は(積雪する時期のスポーツは真夏と同等のレベルに達するのでSPF50の日焼け止めは必要)SPF30以上の日焼け止めを単品使用した方が安心かも知れません。
単品の日焼け止めは、いずれにしても肌への負担が一番重いですから、改めて見直した方がいいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる