ここから本文です

植物学的に「木」と「草」の違いってなんですか?

アバター

ID非公開さん

2005/3/1301:14:55

植物学的に「木」と「草」の違いってなんですか?

閲覧数:
351
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2005/3/1302:30:32

年輪が形成されるかどうかで分けます。
高山植物のガンコウランは草のように見えても立派な樹木だし、笹竹の類いは草。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2005/3/1310:52:49


・発芽した年に花が咲く
・一年で地上部が枯れる


・発芽した年にはほとんど花が咲かない
・寿命が数十年から数百年と長い
・形成層により年々太くなる


両方の特徴を持っており、研究者の中でも意見が分かれている。
http://www.fagus.jp/~jindai22/modules/xfsection/article.php?article...

アバター

ID非公開さん

2005/3/1305:26:27

木は茎の中の木質部がよく発達し、年とともに太くなり年輪を作ります。
大木になるものを高木(スギ、ケヤキ)、たけが低く幹がはっきりしないものは低木(ヤツデ、ツツジ)といいます。
高山には、30センチメートル以下の小低木も(コケモモ、ガンコウラン)あります。ヤシやシダ植物なども、ひろい意味では、木として取りあつわれています。
草は、茎の中がやわらかい植物のことです。茎の中があまり発達しないので、木のように大きくなりません。草には1年草、越年草、2年草、多年草などがあります。

草は花や葉っぱが1,2年で枯れてしまい、残った根や種から新しい茎や葉っぱや芽が出ます。それに比べて木は何年も枯れずに生き続け、何回も花が咲き実がなります。

アバター

ID非公開さん

2005/3/1301:18:36

草:植物で、地上部が柔軟で、木質の部分が発達しないもの。
木:地上部の茎が木質化している植物。

↓ヤフー辞書で調べました。
http://dic.yahoo.co.jp/

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる