Kaspersky Internet Security 2010とAvira AntiVir Premium+PCTools

Kaspersky Internet Security 2010とAvira AntiVir Premium+PCTools ############################### 一年間マカフィー使ってたのですが期限切れのため、 Kaspersky Internet Security 2010かAvira有償版+PCToolsで 迷ってますので、使用されている方の感想等を お聞かせください。 両方とも30日無料版は試してみましたが甲乙つけがたい気がしましたので 悩んでおります。

補足

ご回答有難うございますm(_ _;)m Avira一年延長知らなかったのです。Aviraには魅力感じておりますが、PCToolsには別に何も感じておりません。仕方なくみたいな感じです。 Kasperskyに気持ち寄っておりますが、起動したらいきなりPDM.keylogger、無視しましたが、ルートキットスキャンどうにかならないのでしょうか、方法ありませんか?

男性アイドル1,359閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

私も基本的には、domsendaisakuさんと同じで 公開されている性能(数値)的に判断すれば、両者合格ラインと思います。 求める要素によって違うと思うけど、 スパム対策、ペアレンタルコントロール等は不要で、軽さ重視なら Avira Antivir Premium + PC Toolsが、いいかもですね。 KIS2010は付加機能が多いので、その組み合わせよりは重いと思います。 PC Toolsだけは、独断と偏見で試したことがないんですけどね。予測で。 単発で高性能と巷で言われる組み合わせですが、整合性は未知数です。 私的体験内では、Comodo、Outpost等のフリーファイアウォールを試してみて、 ドライバ(*.sys)が喰いついて不具合が発生し、sysエラー頻発、 ブルースクリーン、アンインストールトラブルに陥ったことがあります。 PC Toolsをチョイスした主点は、matousec.comで公開されている ファイアウォールリーク性能を参照されたかと思いますが、 これは、PC内データを破壊するほど強烈な「SSTS」というツールで、 各ファイアウォール製品のリーク遮断レベルを最高値にして採取したデータです。 実際、ファイアウォールをそのレベルで使用すれば、 全て遮断されて、何も作業が出来なくなります。 通常使用の設定レベルで、ファイアウォールが、 どれほどの性能を発揮するかは、実際のウイルス遭遇時にしか解りません。 KIS2010の場合は、全ての機能が連動していますから 操作的に、扱いやすいとは思います。ログも一括して処理出来ます。 サポート面での違いとして、例えば、Aviraで不具合が発生して相談した時、 いわゆる商売敵製のファイアウォールを使っていれば、 不具合はそいつのせいだ--といわれるのは目に見えています。 ファイアウォールトラブル発生時は、御自身での処理となります。 Kasperskyは、マニアックとか言われるけど(--そうは思わないんですが) Avira Antivir Premium + PC Toolsは、よりマニアックな組み合わせと言えます。 わたしは、現状、KIS2010をインストールしていますが、 使ってみて、しっくり来て 安定感がある方でいいのではないでしょうか。 その2者なら、どちらをとっても良い選択かな--とは思います。 私が使うPCではないので、お好みで---としか言えましぇ~ん。 -------------- 追記) PDM.Keylogger--- Pointing Deviceの検知でしょうか? 私のノートPCでも、Alps社のポインティングデバイスをキーロガーとして検知します。 多分、検知されたファイルパスを見てみれば問題ないのではないでしょうか。 試された2010版は、初版(ver_463)のものと思いますけど 2009/11/26に、Windows7対応モジュールにアップデートされました。 これは、初版のいくつかのバグが解消されています。 アクティベーションキー所有のユーザー向けですが ver_736↓ http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=045495#module 現行ダウンロードできる、無料試用版もver_736 と思います。 ルートキットスキャンは、各種スキャン設定で対応できないでしょうか? 私の場合は、Windows起動時に簡易スキャンをスケジュールしています。 *全般タブでチェックを入れている項目 全てのファイルをスキャン 新規または更新されたファイルのみスキャン 圧縮ファイル、インストールパッケージ、OLE埋め込みオブジェクト *詳細タブでチェックを入れている項目 ヒューリスティック分析---弱 ルートキットスキャン(特別なルートキットスキャンはチェック無し) iSwift、iChecker *実行モード 起動から1分後 上記の設定で、1-2分でスキャンが終了します。 99%で止まってしまったり、フリーズという現象は起きていませんが あくまで私のPCでの現状態ということで、御参考になれば---。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

勉強になりました。帰ったら何がキーロガーに間違われるのか探してみます。

お礼日時:2009/12/11 16:03

その他の回答(1件)

0

好きな方でいいんじゃないか? →各ユーザーにとって必要かどうかは別にして、付属機能も違う面が当然あるだろうし。 →どうしても決まらなければ、最終的には直感に頼るとか? 質問者はすでに両方共、無料体験版で自分のPCとの相性や動作・使用感等に関してのチェックも入れていることだし、ほんとにわからなければ、最後は自分の直感に頼るしかない。 →個人的には、もし、12月7日までの申し込みだったら、Avira日本語版誕生記念として有料版は通常1年間の使用期限のところ、無料でもう1年延長してくれたらしいので、そちらを選んだかもしれないが・・・。 私も、AviraのPremium Security Suite (日本語ベータ) に関しては40日間ほど使わせてもらっていたけど、使用感はなかなか良かった。 ただ、ファイアウォールの性能に関しては、AviraのSuite付属のファイアウォールよりPCTools やカスペルスキー付属ファイアウォールの方が遥かに高いと思う。 質問者は、「Premium(ファイアウォール機能なし)+PCTools」と「カスペルスキー2010」で悩んでいるのであって、ファイアウォールに関しては、カスペルスキーもPCToolsも非常に良いので(いずれもリークテストの成績はトップレベル)、この機能での比較はどうでもよいだろう。 カスペルスキーの2010には、一部仮想化機能(仮想実行スペース)も導入されているので、あれを積極的に利用するという人は、カスペルスキーが優先されるかもしれない(別に必要ないという人は、この機能はどうでも良いだろうけど)。 検出率に関しては、Aviraの方が高いけど(既知・未知とも)、カスペルスキーも2010で昔の良い時の値に戻しており、既知・未知ともに十分満足おける検出率を出している。 よつて、検出・ガード面については、どちらも必要十分なレベルに達している。 ということで、どちらもセキュリティソフトとしては優秀なので、「自分の直感を信じて決める」ということでどうでしょうか?