ここから本文です

目標などを達成したときに、ダルマに目を書き入れますが、どうしてこんな風習が生...

mik********さん

2009/12/1821:58:00

目標などを達成したときに、ダルマに目を書き入れますが、どうしてこんな風習が生まれたのですか?

閲覧数:
9,822
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

his********さん

編集あり2009/12/1903:30:18

仏像などを作るときは、最後に眼を入れることで、仏像に魂を迎え入れることになります。
ダルマも、仏像同様、拝むものであるため、最後に開眼=目入れすることで魂を迎え入れることになります。
目を入れてない状態で売っているのは、買った人が自分で願いを込めながら開眼=目入れするという儀式を行なうためだそうです。

また、目入れには、願(がん)をかける→眼(がん)を書き入れるという語呂合わせもあるようです。
神仏への願いが叶うことを「満願成就」といいますが、願(がん)と眼(がん)をかけているとすれば、願いが叶ったとき→満願(両方の眼)成就ということで、最初に願うときは片方の眼だけ入れ、願いが叶ってからもう片方の眼も入れて、それで満願(両方の眼)成就という意味なのかもしれません。

ただし、目の入れ方も宗派などによって異なり、
病気平癒・合格祈願・就職祈願・選挙当選などは最初に片方の目を入れて半開眼し、願いが叶ってからもう片方の目を入れて開眼しますが、
商売繁昌・家内安全・健康祈願・学業成就・厄除祈願・金運向上・安産祈願・交通安全などは最初から両目を入れて開眼する場合もあるようです。


だるま - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A0%E3%82%8B%E3%81%BE#.E7.9B.AE....

満願 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E9%A1%98

だるまの目入れ - だるま工房やなせ
http://www.yanase-daruma.com/meire.html

願意について - 富士見山達磨寺
http://toi-daruma.jp/?tid=6&mode=f7

質問した人からのコメント

2009/12/24 07:48:24

驚く 詳しい解説ありがとうございました。

選挙とかで必ずやっているので質問させていただきました。

ありがとうございました

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる