水と空気、どちらが熱の伝導をしやすい? 空気ですよね?

補足

皆さんたくさんの回答をありがとうございます! どの回答も素晴らしいのでベストアンサーを決めかねています。よって皆さんの投票に委ねたいと思います。 どうもありがとうございました。

化学33,749閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

4

4人がナイス!しています

その他の回答(4件)

6

簡単に答えます。 80度のサウナには入れますが、80度のお湯には入れません。

6人がナイス!しています

1

熱伝導率で云えば,空気の方が熱伝導率が圧倒的に低いです。 しかし水と空気での対流や放射などの熱伝達形式が重要な場合や 単に比熱の大小が重要な場合などでは条件により異なります。

1人がナイス!しています

0

皆さん、空気と水の熱伝導を論じてられますが、どっちかというと液体と期待の熱伝導を論じてることになってますね。空気だって高圧下で冷却すれば液体になります。極低温で液体空気と水の熱伝導なら液体空気の方が熱を奪う、という視点なら空気の方が熱伝導は大きいですよ。なにせ水はカチンカチンの固体ですから。 常温常圧下なら他の方のかかれて利用に密度の高い水(液体)の方が熱伝導しやすいですね。

1

下の方の補足になりますが一応(汗。 水と空気の熱伝導についての家でできちゃう確認方法として、まず最初に同じタイプの布を2枚用意しておいて、片方はあらかじめ水で絞っておきます。これで「濡れている布=水における熱伝導が可能な状態」、「乾いている布=空気における熱伝導が可能な状態」と仮定します。これをそれぞれ、なにか熱いもの(熱したフライパンの端でいいですが)を持つと、濡れた布の方が乾いた布で持っているよりも先に「熱いっ!」と感じられるはずです。 私も小さい頃はよく「濡れてるほうが熱くない」と勘違いしたものです。

1人がナイス!しています