ここから本文です

2歳の子どもが背中を火傷しました。熱湯がかかった為です。大人の手のサイズくら...

mamatatsuloveさん

2009/12/2623:22:24

2歳の子どもが背中を火傷しました。熱湯がかかった為です。大人の手のサイズくらいが赤くなっていて、皮が剥けた部分もありました。 剥けていない部分も、皮膚が浮いている感じでした。救急外来で消毒、軟膏を塗りガーゼを貼りました。先生は『そんなに酷くはなさそうだけど、火傷の程度は今はわからないから月曜日にまた皮膚科を受診して下さい』と言いました。
今は横を向いて寝ています。とくに痛み止めも飲んでないです。
でも、インターネットで『湿潤療法』を見て、この処置でよかったのか、月曜日に受診した時にこの療法の話をして断られた場合、どうしたらいいのか分からなくなりました。
今帰省中で、実家から行ける距離にサイトで紹介されている病院はありません…
病院は年末休みになってしまうし。
28日に湿潤療法以外の処置しかしてもらえなかった場合、その治療に沿うべきなのでしょうか…
動揺しているため、文章がわかりにくいかもしれません。申し訳ありません。

閲覧数:
4,364
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

turuchan_40さん

編集あり2009/12/2710:13:28

私は、ガソリンの引火による両手の深い火傷を、ネットで見つけた湿潤療法の病院で、簡単に治してもらった経験により、ずっと知恵袋での回答を続けています。

湿潤療法の病院に転院する前の4日間は従来の「ガーゼ+軟膏」治療を受けていましたので違いは知っていますが、湿潤療法を経験した患者から言わせてもらえば、従来の治療は、「違法ではない傷害行為」であり、それを行っている医師は、「人の痛みが判らない無知な高学歴の人間」と思っています。言い過ぎかもしれませんが、それくらい治療内容に「天地の差」があります。
ですので、その被害者を一人でも救うべく、治療終了時からずっと知恵袋の回答を続けているわけです。

私の経験からいえば、まず月曜日の皮膚科の医師は、湿潤療法をしていないと思いますし、お願いしても無駄である可能性が高いと思います。だからと言ってその治療を受けた場合は、子供さんが痛い思いをするだけです。

まずパソコンの環境で見て下さい。
下の回答者さんがリンクされているサイトの中からいくつか貼って置きます。

<実際の治療例>
http://www.wound-treatment.jp/title_tiryou.htm
左の欄のカテゴリーから熱傷,低温熱傷をクリックして下さい。

その中のアンケートの1例(アンケートの回答者はすべて医師です)
http://www.wound-treatment.jp/next/case/960.htm
この患者さんは11か月のお子さんですが、治療終了後、母親がこんな口コミをされています。
http://www.qlife.jp/kuchikomi_2179_71583



また、火傷で湿潤療法を受けた患者は、ブログを立ち上げて呼びかけています。

北海道にお住まいで、7ヶ月の子供の足の火傷を湿潤療法で治した母親のブログ
http://jikokega.jugem.jp/
短期間で完治していますが、こういう時のためにと残されたブログです。

私の湿潤療法での治療経過ブログです
http://ooyakedo.exblog.jp/
植皮の可能性まで言われた深い火傷(Ⅱb~Ⅲ度)が湿潤療法に変えてからは、17日間で治っています。

私の回答によって多くの質問者の方のお子さんが、母親の正しい選択で間違った治療から救われています。
例をあげておきますね。(回答の内容は殆ど同じです)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1031135570(質問)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1231244127(治療中の質問)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1431707064(治療結果)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1433241919
この方は、茨城県の方でしたが、上記サイトの夏井先生のところで直接治療を受けています。

多分あなたと同じ思い(湿潤療法は良さそうだと思うが半信半疑)の、1歳の子供さんの火傷の質問です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1333873238

この方はその後湿潤療法の病院へ行かれて、その後の処置の内容や、良好な経過を私のブログにコメントしています。
http://ooyakedo.exblog.jp/m2009-11-01/
この中の<さこ>さんがそうです。コメントの内容を良く読まれれば、あなたが子供さんのためにどうすれば良いかが判ると思います。

多分質問の内容からすると、浅いⅡ度のレベルの火傷だと思いますが、10日~2週間で上皮化すると思います。
湿潤療法でなくとも治りますが、泣き叫ぶ子供を抑えつけて、引っ付いたガーゼを無理やり剥がして交換する事を繰り返す事になるのは必至です。その上いやな思い出と、痕が長く残ります。

たとえ遠くても、湿潤療法での処置は5分程ですし、とても簡単ですのでご自分で行う処置法を教えて頂けると思いますので、一度は受診されるのが一番良いと思います。

子供さんは自分で治療を決められません。
親の方が、今後一般化する「正しい治療」を受けさせてあげる事を切に願います。
それが湿潤療法を受けた経験者や、その母親や、湿潤療法を行っている「人の痛みが判る人間らしい心を持った」医師の気持ちです。

―補足しておきます―

(無理にとは言いませんが)火傷で湿潤療法を受けた経験者や、度胸や確信のある方はそのレベルの火傷は自分で湿潤療法での処置をしています。
自分で処置して失敗したという事例もあまり聞きませんし、ネットで探しても「早く治って驚いた」事しか出てきません。

湿潤療法での処置の基本です。
http://www.wound-treatment.jp/next/wound245.htm
ここではラップを使用していますが、下の回答者さんが暗黙に勧める(多分キズパワーパッド)でも同じ治療効果となります。毎日の患部洗浄・貼り替えだけで治ります。

最悪の場合はご自分で処置しても良いのではないかと思います。
また、処方された軟膏は絶対に使ってはいけません。抗菌・殺菌消毒効果で痛みが増すだけで、治癒効果はありません。

ネット上で<湿潤療法>で検索されれば、いやというほど資料が出てきますので参考にされると良いと思います。

質問した人からのコメント

2009/12/27 15:29:43

降参 大変詳しく丁寧に回答下さいまして、ありがとうございました。今回は、ご自身の体験やブログ、口コミ等多数のせてくださり回答していただきましたturuchan_40さんにベストアンサーを。早速行って参りました。往復3時間かかりましたが、行ってよかったです。明日も行ってきます。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

skf_practiceさん

2009/12/2623:52:49

「消毒、軟膏を塗りガーゼを貼りました」とのことですので、
少なくとも救急外来の医師は『湿潤療法』をしていないわけですが、
皮膚科で担当する医師は『湿潤療法』を知っているかもしれないので、
まずは聞いてみたほうが良いと思います。
直接聞きづらいようならば、病院に行く前に電話で相談するのが良いと思います。

『湿潤療法』をしてくれる医師については、以下のページにリストがありますので、
掲載されている医師がいる病院で受診すれば確実です。
http://www.wound-treatment.jp/

今まで通りの「消毒、軟膏」と『湿潤療法』のどちらが良いかは判断できません。
どちらでもやけどは治るはずです。
ただ、条件が合えば『湿潤療法』の方が直りが早く、跡が比較的きれいということで、注目されている治療法なのは確かです。
『湿潤療法』を利用した絆創膏も発売されてます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。