ここから本文です

メタン生成菌による炭酸ガスの天然ガス化はどの程度の時間がかかるのですか?

lun********さん

2010/1/412:03:27

メタン生成菌による炭酸ガスの天然ガス化はどの程度の時間がかかるのですか?

炭酸ガス,メタン生成菌,天然ガス化,ヤフージャパン,褐炭層,自然環境中,メタン生成古細菌

閲覧数:
314
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2010/1/516:55:39

先日のYahoo!JAPANでも取り上げられていた記事ですね。
私もとても興味があります。


ご質問のお答えですが、記事から引用するには、

「課題はメタン生成菌の能力だ。地層中では転換に1億〜100億年かかる。
研究グループは、褐炭層から溶けだす栄養を効率的に使い、
100年以内でメタンに換えるように菌の能力を高める技術を
3〜5年で完成させることを目指す。」

とのことです。

おそらく、二酸化炭素をメタンに変換する場合、水素も必要になるので、
この水素が欠乏しないように供給する必要があるのだと思います。

他にもメタン生成古細菌の生育に必要な必須元素を直接供給したり、
褐炭層から溶出させるようなアプローチを行うのではないかと思います。


遺伝子組み換え生物については、私も有効な手段ではあると思いますが、
カルタヘナ法により世界的に規制されているので、自然環境中での使用は
難しいと思います...
微生物達は自然環境中でも遺伝子のやり取りをバンバン行っているんですけどね...

思います論だけでスミマセン。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yut********さん

2010/1/502:26:02

ほっておくと何億年もかかるようですが、有能な菌を探したり遺伝子操作をして100年くらいでできるようにしたいらしいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる