ここから本文です

領収書や納品書伝票で、使用日を書く所は 『自』 とあり、使用が終わった日を 『至...

領収書や納品書伝票で、使用日を書く所は
『自』
とあり、使用が終わった日を
『至』
となっていますが、『至』の意味は何となく理解できます(今 日までに至った的な)が、『自』はどういう意味からきていますか?

※画像は見えずらいですが、参考までに。

使用日,納品書伝票,至,領収書,自,文章語,読み方

閲覧数:
1,487
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dsa********さん

2010/1/509:51:04

【自】文章語 …から。…より。
【至】文章語 …にいたる。…まで。

読み方は、自=「じ」、至=「いたる」となります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる