ここから本文です

先日 テフロン加工のフライパンを買いました。最初は 油もひかずに 薄焼き卵が焼け...

sai********さん

2010/1/901:36:45

先日 テフロン加工のフライパンを買いました。最初は 油もひかずに 薄焼き卵が焼けたり 感動していましたが
最近は くっついて来るように・・・テフロン加工の良さを持続させるには?

自分が考えられた原因は 油を入れて てんぷらをした 炒め物で少し こげた それ位
金属へらは使用していません

閲覧数:
790
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mim********さん

2010/1/902:59:21

テフロン加工やマーブルコートなどの表面加工のフライパンは、大事に使っても持って5,6年がいいところの消耗品です。くっつくようになってきたら、表面加工の剥離が起き始めているということですから、今後どのような工夫をしても、状態が今以上に悪くなることはあっても、良くなることは決してありません。油を少し多めに引いて当面使い続けるか、新しいフライパンに買い換えるかのどっちかです。

表面加工を少しでも長持ちさせるポイントは、
①絶対に強火加熱せず、中火以下で使うこと。フッ素樹脂加工の耐熱温度は260度です。フッ素樹脂加工品はアルミを使用しているので、熱伝導率がよく、強火加熱すると、短時間で260度を超えてしまう可能性が十分あります。
②金属ツール可と謳っている物でも、真に受けて使わないこと
③フライパンは必ず自然に冷めてから洗うこと
④洗い物の際、他の食器などをフライパンの上に重ねて置かないこと
⑤調理済みの食品を、長時間入れっぱなしにしないこと

てんぷらなど揚げ物は、表面加工が劣化しやすくなるので、なるべくならあんまりやらない方がいいです。表面加工のない、鉄かステンレスの揚げ物鍋ないしはフライパンを別途ご用意されることをお勧めします。表面加工さえなければ、柄が脱落でもしない限り、一度買えばほぼ一生物ですから、買って損はないです。

質問した人からのコメント

2010/1/9 22:53:34

降参 mimiさん skyさん アドバイスを下さりありがとうございました。金属へら は注意していたのですが、注意事項には沢山の思い当たる節が・・・・ショック・・
買ってまだ1ヶ月なんです。 参りました・・・トホホ

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sky********さん

2010/1/901:42:47

テフロン加工を長く維持するには、強火で温めない。弱火くらいでじっくりあっためるのがベストと言うのを本で見ました。
(油を使わない料理本で)
天ぷらとかは負担が多いのでやめた方がいいですよ。テフロン加工が弱くなります。
ティファールとかは時々少量の油で調理してください。と説明書きがありました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる