ここから本文です

判子、印鑑、三文判、認印、実印、それぞれは言い回しとか証明書用とかどう違うの...

ide********さん

2010/1/1101:50:47

判子、印鑑、三文判、認印、実印、それぞれは言い回しとか証明書用とかどう違うのですか?

閲覧数:
732
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bon********さん

2010/1/1103:12:34

「判子」「印鑑」は総称ですね。「三文判」は「三文(安価)で買える印鑑」という意味で100均などで売っている大量生産品のことです。認印は普段使う印鑑。実印は住所地の市町村に「印鑑登録」された印鑑のことです。「認印」も「三文判」も印鑑登録すれば「実印」になります。(ただし、三文判での登録は危険ですし、NGを出す市町村が多いです。)
実印は不動産や車の売買契約、相続など重要な場面で使われます。認印といえども安易に押しているとトラブルになります。
「認印では契約が成立しない」なんてことはありませんから。

質問した人からのコメント

2010/1/17 12:52:59

ありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる