ここから本文です

クーロンの法則

ott********さん

2010/1/2123:32:52

クーロンの法則

クーロンの法則は2つの点電荷の間に働く力ですが,この点電荷というのは,微視的な意味での点電荷ではなく(つまり電子や陽子といったもの),巨視的な意味での「点電荷」ですよね?つまりこの点電荷の電荷密度は,点電荷内にある電子や陽子の電荷密度を平均してならしたものですよね?
つまり,ρdV=∑q(qは電子や陽子の電荷,∑は巨視的な意味での微小な領域での和)

微視的なマクスウェルの方程式を勉強したので確認したくなり質問した次第です。

補足ま,巨視的に見れば点電荷なのでρ=eδとも表記されるみたいですけど(ですよね?)。(eは点電荷の電気量。つまりe=∑qですよね?)

閲覧数:
409
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

juk********さん

2010/1/2123:58:11

>つまりこの点電荷の電荷密度
普通、点電荷の電荷密度は考えられません。
そこで、デルタ関数(意味は難しくないので適当な文献を参照)という超関数を用いて
点電荷qの電荷密度をρ=qδと表記します。(ご存知のようですが)

>微視的な意味での点電荷,巨視的な意味での点電荷
その二つを区別する意味はありますか?
巨視的な?点電荷の電荷密度は上に書いたとおりですが、そこでq=eとすれば
微視的な?点電荷の電荷密度も出ます。
ということで、そもそもその二つを区別することに疑問を感じます。

質問した人からのコメント

2010/1/23 02:22:11

ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる