ここから本文です

普通借地権と定期借地権、制度上なぜ分けられているのですか?

pop********さん

2010/1/2614:05:50

普通借地権と定期借地権、制度上なぜ分けられているのですか?

閲覧数:
597
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ega********さん

2010/1/2614:50:23

簡単に言えば、将来的に自分で使いたいとか、理由は様々ですが、

定期なら、期限がくれば土地を返してもらうことが出来るけど、
普通借地権では【正当な理由】がなければ、契約を更新する
のが原則。正当な理由と言うのも、実情は【よっぽどの理由】
で、中々認めてもらえないことも多い。

だから、確実に土地を返してもらいたい地主は、定期を選択するし、
借地権契約も【普通借地権と定期借地権】では価格も異なり、
定期の方が安価。

質問した人からのコメント

2010/1/26 14:53:08

驚く なるほど! やっとイメージがもてました。分かりやすい説明ありがとうございます!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる