ここから本文です

原核生物と真核生物で翻訳の仕方はどのようにちがうのでしょうか? あと、翻訳...

iti********さん

2010/1/3003:04:39

原核生物と真核生物で翻訳の仕方はどのようにちがうのでしょうか?

あと、翻訳後にできたタンパクって結局何に使われるんですか?

ここら辺の分野は苦手なので、分かる方は教えてください

閲覧数:
4,596
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qio********さん

2010/1/3004:12:50

こんにちは。

翻訳の仕方は大体同じです。
翻訳開始因子の数やmRNAの形態は違いますが・・・。

タンパク質はmRNAから翻訳されます。
真核生物と原核生物ではこのmRNAの形態がかなり違います。

原核生物は1つのmRNAの中に複数のタンパク質情報が含まれているポリシストロニックmRNAであるのに対し,真核生物は1つのmRNAからは1種類のタンパク質しかできないモノシストロニックmRNAです。
もちろん例外もありますけどね。

なので,翻訳のさいに原核生物では同時に2種類以上のタンパク質を翻訳することができます。

DNAからmRNAへの転写ではもっと大きな違いがありますが,質問内容からそれてしまうので省略します。

生物はタンパク質の塊です。何にでも使われていますよ。

質問した人からのコメント

2010/1/30 11:02:51

感謝 ありがとうございました
わかりやすくて助かります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる