ここから本文です

シグナスXのエンジン。 シグナスXの空冷4バルブエンジン、マジェスティー125水...

みのぽんさん

2010/2/609:57:05

シグナスXのエンジン。
シグナスXの空冷4バルブエンジン、マジェスティー125水冷2バルブエンジン。冷却方式は違うのですがどっちの方が性能がいいと思いますか?

閲覧数:
2,295
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

aaj********さん

2010/2/610:14:10

水冷の方が圧縮を大きくできるので高性能にしやすい。バルブが大きい・多いほうが混合気・排気が速いので高回転高性能化しやすい。実際のところノーマルなら大差ない。
改造するときに空冷は発熱の問題で回転数などに上限があるし、2バルブだと吸排気に限界があるので高回転化しにくい。いじりやすいのは空冷。ヘッドやボアアップキットなど社外品の多さがそれを物語る。

質問した人からのコメント

2010/2/12 01:04:25

成功 ありがとうございました。参考にさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uta********さん

2010/2/611:32:19

水冷・空冷の違いはありますが、マジェスティ125とシグナスXのエンジンの場合は、ほぼ同系統のエンジンで共通で使用している部品も多いです。大まかに言って、マジェスティ125のシリンダーとヘッドが水冷式になってるほかは、クランクケース等は共通です。キャブレター式の比較では、キャブレターの基本部品は同一です。オートチョークプランジャーやジェットの番数は違いますが。

概念的には水冷の方が高性能であることが多いのですが、ことマジェスティ125とシグナスXの比較ではエンジンにたいした違いはありません。実用品としてのスクーター全体の使い勝手として言えば、強いて言えばシグナスXの方が良いのでは。シグナスXは日本の正規販売品として流通していることもあって、日本の気候にあわせていますが、マジェスティ125は正規販売品ではなく、流通している車輌の大半は台湾市場用の並行輸入で、キャブレターセッティング等が日本の気候に完全にはあってません。

台湾現地仕様のままのキャブレターセッティングのマジェスティ125は、日本本州の関東以北では冬期に寒すぎてエンスト頻発して使いにくいです。台湾島は、日本の沖縄よりも南にある気候風土ですからキャブレターセッティングがあって無くて当たり前ですけど。

cal********さん

2010/2/611:05:37

minoponn1978

シグナスエンジン

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる