ここから本文です

保険を見直しています。 「保険の窓口」で相談しました。分かりやすく、押しつ...

aoi0721aoiさん

2010/2/910:00:04

保険を見直しています。

「保険の窓口」で相談しました。分かりやすく、押しつけての感じもしなく、好印象だったのですが、

1ヶ所で決めていいのか二の足を踏んでいます。

保険市場やマンモスなど別の所でも相談しようと思っています。主人は面倒と言っていますが…
何ヵ所かで相談した方いますか?その場合、勧められた保険は変わりましたか??


勧められた保険は、主人の終身?保険。万が一の事があったときは保障され、何もなければ貯蓄とし子どもの教育費や老後の資金として利用できる物です。
とても魅力的だったのですが、メリットばかりで逆に不安です。
このタイプの保険のデメリットは何でしょうか?
教えて下さい。

補足家族:夫30才、妻25才、子ども0才。賃貸
現在の保険:夫:日生の定期+終身保険。更新時に保険料アップするので解約したいと思っています。
妻:会社で入っている医療保険と終身保険(300万)。一番安く、保険料が安いもの。
子:なし。学資保険を検討中
必要保証額は、お葬式代+生活費+教育資金=3000万
勧められた保険は、、、渡された資料を見ていますがよく分からなくなりました。。。もう一度他のところでも聞いてみます。

閲覧数:
4,455
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kamochi65さん

編集あり2010/2/921:24:20

勧められた保険は、おそらく低解約払戻金型の終身保険ですね。
学資保険を探していたらそれを提案された・・・といったところでしょうか。


>このタイプの保険のデメリットは何でしょうか?

本当にリスクの説明を受けていないのですか?
だとすれば、その方は保険の募集人としては失格かも。
あとでそんな話は聞いてなかった!ということにもなりかねませんよ。


勧められた商品が分からないのでなんともいえませんが、低解約払戻金型終身保険(東京海上日動あんしん生命の長割り終身とか)だとすれば、文字通り解約返戻金が通常より低く抑えられていることがデメリットです。
中途解約は損と分かっていながら、それを承知で解約する人がいます。だからこそ、保障に対して保険料を安くできるわけで。

例えば離婚した時。今はありえないと思っているかもしれませんが、子どもが成長するまでの間、一般的には死亡するリスクより離婚のリスクのほうがずっと高いのが現実です。

住宅ローンの繰上げ返済をして貯金が底をついた頃、急な出費があったとか。借金はしたくないので保険を解約するというのはよくある話。

そのときに、解約しても戻ってくるお金は通常の終身保険より少ないですよ、というのがデメリットです。


あと、全ての保障を終身保険で勧められたわけではありませんよね?

何もなければ貯蓄とし子どもの教育費や老後の資金として利用できる・・・のはいいですが、何かあったときにはそれだけで十分なのかどうか、きちんと説明してくれましたか?
つまりあなた方家族にとって必要な保障金額はどれくらい、という話は聞きましたか? 家庭の状況が分からないのでコメントできませんが、子どものいる家庭で終身保険だけですべての保障をまかなおうと思えば、かなり高額な保険料になるはずです。

必要な保障額の話は聞いてない、保険のデメリットの説明はなかった・・・
心当たりがあれば、他の人に話を聞いてみましょう。


【補足】

>必要保証額は、お葬式代+生活費+教育資金=3000万

本当に? どうしてその額になるか、説明聞きましたか?

賃貸住宅ですよね? 一番保障額が必要なパターンですよ。
月10万円の家賃なら、住居費だけで年間120万円。妻が平均寿命の86歳まで生きるとしてあと60年以上の住居費が必要。それだけで7200万円です。だったら買ったほうが安いという話になりますが、3000万円の保障ならマンション買って終わりです。

5000万円ほどの預貯金があるとか、妻が公務員だとか、万が一のときは近所にある妻の実家に戻れるし親の介護費用を含め実家には十分な資産があるとか・・・ どうしてそんな計算になったか、それもあわせて確認してみてください。

あと共働きの場合は、当然ですが妻の死亡保障も必要ですよ。
夫が亡くなれば遺族年金がもらえますが、妻が亡くなっても公的な保障はありませんからね。

質問した人からのコメント

2010/2/16 12:50:55

詳しい回答ありがとうございました。
ちゃんと確認しなきゃダメですね。頑張ります。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/2/921:54:19

あちこちで話を聞いてみて納得するのも一つの手ですが、
同じ所で、納得するまでとことん説明してもらうのもひとつの手かと思います。
取り扱う保険は大体同じなのですから。

lunas_terraさん

2010/2/917:55:33

相談所=代理店 名前以外何も変わっていません。

終身が増えてよかったのは金利が5%くらいあった時期で、見てのとおり現在は逆に不利です。銀行定期の方が10年のネット定期で2%があるなど有利かもしれません。

終身死亡保険を学資目的で入るのは保険料が高いばかりで確実に損です。まだ学資の方が本来の利率がもらえますのでましです。

子供の学費用に最低限25年以上途中更新なしで定期死亡保険は必要です。一人1500万くらいあれば足りると思います。学資の保険料と保険金額を同じにして比べると分かりますが、掛け捨ての方が割安です。ライフネットなどが一番安い部類です。

相談所=代理店 名前以外何も変わっていません。...

gekou44さん

編集あり2010/2/1000:12:33

無料相談とアピールしている保険相談所は
お客さんには無料で相談しますが紹介先の
代理店に紹介料を徴収するシステムです。
(大手M⇔提携代理店のお客様紹介1件PS3のゲーム機が2台替える位
の金額の紹介料を大手Mに提携代理店が支払うシステム)
代理店は冷静な判断で保障を貴方のニーズ
を聞きながら経済的な負担の無い様に考えるのでは
無く、あくまでビジネスとして相談を受けたら
新たな販売手数料の高い終身保険などの保障を
貯蓄替わりと称して薦めるスタイルが横行しています
ので肩書きや相手の人柄はとりあえず保険の検討有無とは
別に隅に置いておいて


無料相談し検討される際は
相談される側が十分に注意をして下さい。

●補足
先ずは現在のニッセイの契約内容を確認する事です。
次に現在の既契約で終身の額をご葬儀代に
終身増額特約か定期部分の変換件を使い
60歳払い済みにすると幾らになるのか?
試算して貰う、など現状でも出来る事は
ある筈です。
見直し=全て入り直す
と言う事では決して有りませんので
長期的に高級車1台分位の保険料を総額で
支払う様な高額な買い物になるでしょうから
コツコツと確認しながら貴方が一番納得出来る
形で見直してみて下さい。

2010/2/910:13:07

細かく解らないからなんともいえないけど

契約更新タイプだと○年ごとの更新で保険料が上がるなど
死んだら貰えるけど、
その前には貰えない(病気や入院などの医療費)
どこまでの原因の死亡保障か?
奥さんや子供の特約があるか・・・など

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。