ここから本文です

アルコール依存症の治療プログラムで、AAと断酒会がありますが、明確な違いがよく...

ra5rajyujyuさん

2010/2/1113:21:15

アルコール依存症の治療プログラムで、AAと断酒会がありますが、明確な違いがよくわかりません。
ざっくりと違いを知りたいのですが??

閲覧数:
6,763
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tetunosin77さん

2010/2/1113:58:17

私はACの自助グループに参加していました。
検索してみたら、こんなサイトがみつかりました。
http://homepage1.nifty.com/gatagoto/1BanHome/al/1banhom046.html
http://www.kochi-al.org/url/self_help_g.html#danshukai

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jh3givさん

編集あり2010/2/1114:57:26

現在、アルコール依存症の治療プログラムを受けておられるのですね。
正しい治療を受けておられ、本当に私もうれしいです。

まずお聞きのAAと断酒会の明確な違いについてですが、目的、していることも同じです。違いはスタイルですね。
また治療効果という意味でも同じです。ただしどちらも真剣に取り組めば。

その上で、私が理解しているAAと断酒会の違いをまとめました。

●AAは、その名前の通り、匿名ですが、断酒会は実名を語る事が前提
・AAが匿名を大事にしていることは、アメリカにおける「禁酒法」の影響があります。しかし、AAが大事にしている匿名性とは、単に「ニックネーム」で呼び合う、ということではありません。つまり「一人のアルコール依存症となった人間として」そこに集うことに意味があり、回復の妨げとなり易い「我」を排除しようとした所に大事なポイントがあります。
・断酒会は、そもそもAAの実践を日本的にアレンジしたものであって、日本文化として「堂々と実名を名乗る」事を良しとしたところにも関係があります。しかし、断酒会であっても、実名は名乗りますが、そこで語っている体験談は、あくまでも「一人の人間」として語っておられます。
*要は、名前を名乗る、名乗らないという問題は、あまり重要なポイントではありません。実は、「一人間」として自助グループに通う、というあり方が大事なのです。ですからAAでも実名で出席されている方があります。AAで言うところの「アノニミティ」とは、そういうものだとお考え頂ければ、大きな間違いはありません。
詳しくは下記を
○AA(Alcoholics Anonymous)
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/aa-jso/
グループと同名の本(AAでは「ビッグブック」と呼ばれています)を読んでみて下さい。
・断酒会の誕生の物語りである「松村春繁」も読んで下さい。
どこまで実話かは不明ですが、実話に近い小説です。著者も断酒会員の作家、小林哲夫氏
アルコール薬物問題全国市民協会(ASK) に連絡して購入を
http://www.ask.or.jp/

なお、治療プログラムを持っている病院なら、上記の本は置いてあると思います。

●グループのあり方
・AAは「組織を持たない」グループです。名簿もなく、会費も入会金もありません。グループのメンバーの献金だけで自立しています。グループの中では、ある程度の役割分担はありますが、それは機能的なものです。
サービスオフィスを各地域に持っており、情報の把握、情報発信などを行っております。
○AA(Alcoholics Anonymous)
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/aa-jso/
・断酒会は、登録会員方式をとっており、入会金、会費などが必要。そのお金で会場の確保、会の運営など全てやっておられます。全国にある断酒会で組織している全国団体(全断連)が、その会場などの情報把握、情報発信をしています
○断酒会 窓口は全断連
http://www.dansyu-renmei.or.jp/zendanren/rekishi_8.html
断酒会の場合、各断酒会には役員を設けており、この役員を皆で助けて自分の為の会を運営しておられます。そういう意味では、この役員も機能的なもので、仲間として一緒です。
*断酒会の場合、会費の半分は、会場を借りる為のお金です。AAの場合は無料で教会を借りている場合もありますが、断酒会の場合、有料の会場を借りないといけない、という事もあるかもしれません。そこで多少の負担はあるかもしれません。ですが飲酒していた時に使っていた一日分の酒代より一か月の断酒会の会費の方が安いでしょうね。

●治療効果
・AAの場合、回復のための12ステップを明確にしています。それに対して断酒会では「指針と規範」を用いております。実質的な内容では同じです。でも、実際に回復の為の提案を、具体的にしている部分(例えば『4、5ステップ』など)ではAAが勝っていますね。しかし自ら回復を目指して努力するという事が前提。
・断酒会の強みは、ズバリ、直接的に感じられる『仲間の力』です。そして一般例会では、家族の体験談が聞けます。これは非常に治療的なものですね。AAのオープンミーティングでは家族なども出席できますが発言はありませんから、この部分は断酒会が強いと言えます。

●まとめ
断酒会でもAAであっても、出会って入っていける所があれば、そこがあなたの為の自助グループです。スタイルが違いだけ。

ただ、真面目に断酒に励もうとしている人が、飲んでいても会場に入る事を断らないとか、実名を名乗らないなどという事から「AAはいい加減」と思ってしまう事もあるのが残念ですね。実際はAAでも真剣そのものです。

★提案:できるだけ多くの自助グループに出席して下さい。
回を重ねると、AAと断酒会の違いを超えたものが見えてきます。

元アルコール依存症専門治療病棟看護師より

take3463さん

2010/2/1114:02:59

断酒会には御意見番(意見を言う人)がいるそうです。
AAには居ないそうです。
両方とも「言いっぱなし、聞きっぱなし」が基本のようですが・・・。

僕も以前、彼方と同じ疑問を持っていました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。