ここから本文です

水俣病の原因物質である有機水銀の濃度はそれを含む海水を少し飲んだくらいでは発...

app********さん

2010/2/2016:53:28

水俣病の原因物質である有機水銀の濃度はそれを含む海水を少し飲んだくらいでは発病しないのに、なぜ排水を流した水俣湾の近辺で水俣病が発生したのか教えてください。
(50字~100字)でお願いします。

閲覧数:
528
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

coo********さん

2010/2/2016:58:28

生物濃縮というものがあります。
人間がそのまま飲んでも、対して影響はないですが
その水の中に魚を入れたらどうでしょうか。

魚にとっては、大きな影響を受けます。

魚はそれでも、たくさんのプランクトンを食べ続けますので、魚の体内は有機水銀の濃度が濃い状態で、存在します。
その魚をつり上げ、食べれば、濃い有機水銀溶液を飲んだことと同義でありますので、そちらをまとめてください。

水俣湾近海に排水を流すことで、その排水中に生息する魚が、微生物を食べることにより
魚の体内で濃度が上昇し、その魚を食べることにより、人間にも悪影響が出た。
これを生物濃縮という。

こんな感じでまとめればいいと思います。

質問した人からのコメント

2010/2/20 17:05:13

感謝 ありがとうございました☆

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる