ここから本文です

貸借対照表を実質で掴みたいのですが、資産の部での売掛金の修正等は理解出来るの...

nom********さん

2010/3/310:34:24

貸借対照表を実質で掴みたいのですが、資産の部での売掛金の修正等は理解出来るのですが、負債の部は買掛金や借入金は修正出来ないものですよ ね。そうすると、純資産の部で資産の部の修正金額を調整する事になるのでしょうか?初心者ですいません。質問も的確な表現ではないかもしれませんが、どなたか教えて下さい

閲覧数:
240
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zwq********さん

2010/3/310:42:09

>負債の部は買掛金や借入金は修正出来ないものですよね。

そんなことはありません。
例えば、簿外の負債があれば加算して修正すればよいのです。
→減らす方向で修正することは考えにくいですが・・・

したがって
修正後の資産-修正後の負債=修正後の純資産
という基本の式に戻って実質を把握すればよいのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bot********さん

2010/3/313:25:27

負債の部で修正が発生するケースとして考えられるのは
「割引手形」を負債に上げ、受取手形と両建てしているケース。
「減価償却」を間接法で行い、「減価償却累計額」を負債計上しているケース。
があります。

他には代表者個人からの借入金を実質「資本」と捉えて「資本勘定」に振り替える考え方もあります。(これは少しでも財務内容を良く捉えようという、銀行などの不良債権逃れで使われます)

また、お勧めしませんが異論として
簿外保証は負債に加算計上すべきものですが、厳密に言えば「求償権」という反対債権とバランスします。
なので保証している相手の信用力で「求償権」という資産の実態を判定すべきものと考えます。
(現実には簿外保証に健全なものがあるとは考えられませんが、担保権を持っているケースも無くはありません)

gmf********さん

2010/3/312:48:56

売掛金の修正っていうのは貸倒引当金をさしているんでしょうか?
それでしたら、P/Lで繰入額として計上され、利益剰余金を変動させているので、B/Sで調整は考える必要ないですよ。
ずれた回答でしたらすいません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる