ここから本文です

正しい日本語について「美化語」?

kum********さん

2010/3/400:32:51

正しい日本語について「美化語」?

先日、友達の結婚式があったのですが、そこで不思議な日本語が・・・。

荷物やコートを預かってくれるクロークでこのような事を言われました。

「こちらでお上着をお預かり致します」と・・・。

何を預かってくれるのかともう一度聞いてしまいました。

疑問1:お上着(おうわぎ)という日本語はあるのでしょうか?
疑問2:その次のお預かりの「お」とお上着の「お」が被るのはおかしいですよね


最近は間違った丁寧語を使われる方がいますよね。
そんな日本語あったっけ?と思いながら気になり調べてみたのですがよく解りませんでした。
丁寧語の他に、「お」や「ご」をつける「美化語」という言葉があるそうですが、
「お荷物」や「お車」という言葉はよく耳にしますが、「お上着」という日本語はあるのでしょうか?

どなたか教えてください。

閲覧数:
15,174
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hat********さん

2010/3/414:36:58

この「お」は美化語でなく、「尊敬語」です。美化語は、「ごはん」「お魚」のようにただ丁寧に言うために使われる「お」「ご」です。相手側又は第三者の行為・ものごと・状態などについて,その人物を立てて述べるための「お」「ご」は尊敬語になります。

尊敬語としての主な「お」「ご」の使い方は次の通りです。
1.相手の身体に・・・「お手」「おからだ」「ご健康」
2.相手の身にまとうものに・・・「お召し物」「お帽子」「お洋服」
3.あいての所有物に・・・「お宅」「ご本」「ご住所」「お車」「お荷物」「お手紙」
4.相手の家族に・・・「お子様」「お父様」「お姉さま」
5.相手の動作に・・・「お帰り」「おでかけ」「お急ぎ」「ご出席」「ご在宅」

質問の1ですが、「上着」は、2の<相手の身にまとうもの>に入ります。ですから、「お」をつけることはできないことはないのですが、「お」「ご」の使い方として、次のようなものにはつけないという原則があります。

「お」「ご」をつけるとおかしいもの
①外国語、外来語・・・「おノート」「おテキスト」「おピアノ」「おネクタイ」「おシャツ」
②つける習慣のないもの・・・「お下着」「おたまねぎ」「お靴下」「お下駄」
③社会語・・・「お新聞」「お週刊誌」「お帳簿」
④公共の建物や施設・・・「お公園」「お大学」「おビル」「お電車」「おバス」

そこで、「お上着」ですが、「現状ではそういう日本語はない」と言ったほうがいいでしょう。おっしゃるとおり、「お荷物」や「お召し物」という言い方はあります。なのに、なぜ「お上着」とは言わないかについては、「つける習慣がないから」としか言えません。verurteilenさんも、「おビール的な語呂の悪さを感じさせます」と書いてらっしゃるように、一般的には「お上着」とは言いません。「言う人が少ないから、日本語としておかしい」ということです。(これは理屈ではないんですね。預かる機会からすると、着ている物も帽子も上着も手袋も同じようなものなのに、「お召し物」「お帽子」は自然でも、「お上着」「お手袋」はおかしく響く、そういうことです。)

ただ、例えば、かつては「お靴」という言い方はしなかったのに、今は「お靴」と言われても、そう違和感を感じなくなっています。「お眼鏡」も、絶対おかしいとは言いにくいです。ですから、将来的に認められる可能性がないとは言い切れませんが、現状では、まあ使わないほうがいいと思います。(人それぞれですが、私は、こうした慣習や儀礼的なことに関しては、やや保守的な方がいいと思っています。世の中の大部分の人が使うようになったら自分も使うようにしておけば、古風な方にも不快感や違和感を与えずにすみますので。)



質問2のお預かりの「お」とお上着の「お」が被ることについては、おかしくありません。ただし、「お上着」はおかしいですから、おかしくない「お召し物をお預かりいたします」といった言い方の場合ですが。

例えば、「お読みになっていらっしゃる」は、「読んでいる」の「読む」を「お読みになる」に、「いる」を「いらっしゃる」にしてつなげたものです。つまり、「読む」「いる」という二つの語をそれぞれ別々に敬語(この場合は尊敬語)にしてつなげたもので「敬語連結」と呼ばれています。いわゆる「二重敬語」とは違います。「『敬語連結』は,多少の冗長感が生じる場合もあるが,個々の敬語の使い方が適切であり,かつ敬語同士の結び付きに意味的な不合理がない限りは,基本的に許容されるものである。」と、文化庁の敬語の指針でも認めています。

結局、敬語に限らず言葉は生きた社会の中で使われるもので、絶対的な基準にもとづいて決められるものではありません。ステータス感を出し差別化するためにビッチリ敬語を決めるところが出てくる、そうすると次々に同じようなスタイルのところが増えてくる・・・、その繰り返しの中で、過剰敬語と思われていたものも、いつのまにか一般的に許容されるようになっていく、そういう側面もあると思います。

質問した人からのコメント

2010/3/5 00:45:53

降参 解りやすい回答ありがとうございました。
hatake7012さんのおかけでモヤモヤが取れました。

私も自然に間違った敬語を使っているかもしれないので、これを機に少し勉強し正しい敬語を使っていきたいと思います。

他の回答を下さった皆様もありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

vli********さん

2010/3/413:05:58

お上着は現時点では違和感のある用法です。しかし多用されるようになれば違和感がなくなり、常用されるようになる可能性はあります。美化語の使い方に絶対的な基準はありません。時代時代で様々な表現が現れては消えていきます。

tha********さん

2010/3/401:26:44

正しい日本語について「美化語」?kumano_pu26さん
質問番号:1137516316についての回答

気になって、ヤフー検索してみたところ、約1700件ヒットしました。ただ、完全一致検索ではないので、あくまで参考データですが、使っておられる方もあるようですね。ただ、身につけるものにはあまり「お」はつかないですね。「お洋服」とか「お帽子」などと言おうものなら、よほど名家の生まれであると思われるか、何を気取っているのかと思われたりしそうです。いずれにしても、あまりいい印象にはならないですね。同じように「お上着」というのは、私にもかなり違和感があります。また、多くの方は使われないことでしょう。

敬語も度が過ぎると違和感があるというより、やはり慇懃無礼ととらえかねないということなのでしょうね。

ver********さん

編集あり2010/3/400:43:28

お召しになって(なられて)いる上着、とかお召しのもの、とか。
後はそのまま「上着はこちらでお預かりいたします」と言うくらいでしょうね。
「お上着」というのは「おビール」的な語呂の悪さを感じさせます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる